我が子が抱えるバタフライでの腕があがらない問題解決のコツ~肩甲骨を思い通りに動かせるあそび陸トレ:スキャプル~

シェアする

バタフライの時にどうしても腕が(水面から)上がってこない原因は?あがるようにするにはどうしたらいいか?

先日こうした質問をクライアントから受けての答えを紹介します。

実はスイミングをする子供達にとってバタフライは意外に難しく、とりわけ腕が中々上がらないこともあり、悩みを持つお母さん・お父さんは多いのです。

かるのび・フレンズ募集中!
LINE@「かるのび・ライフ」はこちら!
友だち追加

腕があがらないのは問題?

無理矢理腕をあげようとすると中々進まない

調べてみるとバタフライで腕があがらないのは子供だけでなくおばさん・おじさんも意外に多いということがわかりました。

ごくごく簡単に言えば中高年は体の硬さ、子供達は筋力不足というのが一般的な見方(原因)です。

先端から動いてしまう

バタフライでは水中から腕を水面に出して前方(頭の上)へ動かし、また水中に入れる(入水)動きを繰り返します。

背中をすぎたあたりから腕を出そうとするのですがこの時、子供(ここで扱うのは小学校低学年~高学年あたり)だとほとんど腕が水面にでてきません。

タイミングの問題だけ?

水面にでることなく水面すれすれや水面下を動く腕は水の抵抗をモロに受け、腕をしっかり頭上へくり出すことが難しく、従って他の泳法に比べると極端に難しいと思われがちです。

水面に出ないから無理して水面に出そうとすると、腕じゃなく手(指)が先にでてそのまま頭上に動いていきます。

手から動くと肘が曲がり実に無理して腕を頭上へ動かすような!一見すると見栄えのわるいバタフライになってしまうのです。

腕は上がりにくいもの

多くのテキストやネット等の解説で腕があがらない原因はタイミングにあることを指摘していますが、であればどうすればいいかはTM鈴木がみる限りほとんど記されていません。

タイミングを合わせるとか縦回転ではなく横回転で腕をまわす等と謳っている指導者もいますが、子供にとって実際にやるとなるとまあ理解不能でしょう。

※どのタイミングに何をするのか?何が横で何が縦か?皆目見当もつきませんから

最初に言っておきますがバタフライでは手をあげる/水面からだそうとする必要は全くありません!そのままの動きでいいのです!

手があがってくるまでは待つ

なぜなら体がちゃんと動けば腕は自然に水面から出るものだからです。

水泳のテキストやネット等での説明はそのあたりが明確にされていません。

自然に腕が水面からでてくるまではそのままの泳ぎで十分なのです。

水面に腕をだせるようになる動きが身に付けば、それまで無理をして体を動かす状態から解放され、より楽に速くバタフライが泳げることがわかり嬉しくなるはずです。

この方が子供にとってみたらワクワク感が高まって『私・速く泳げてる』と思うこと間違いありません。

いくら泳ぎの形を教え込もうとも体がそのスタイル(動き)に慣れないうちはできるわけがないのです。

そのことを一番理解すべきはお子さん本人ではなく、実はお母さん・お父さんなのかもしれません。

遊びで肩甲骨を使えるように

あがらなくてもいいがあがるための動き作りは大切

体がちゃんと動くようになれば浮き上がる直前の腕を出すタイミングもわかり、ちゃんと水面から出て頭上で入水できるようになります。

そこで大切なことは体がちゃんと動ける(機能する)“遊び”を日々取り入れること!バタフライだと肩甲骨が自分の思った通りに動くようにすることです。

そこで肩甲骨の動きをしっかり感じる陸上での“あそび”と、バタフライでの腕の動くイメージを紹介しましょう。

肩甲骨を胸郭から離す

肩甲骨は肋骨(胸郭)の上をすべるように四方に動くという特徴があります。

思い通りに動く肩甲骨とは?

《肩甲骨が思い通りに動く》とは簡単に言えば上下・左右・前後にスライドすること、ただスイマーの場合は肩甲骨の内側が浮いてぼっこりとその形がでることが重要です。

これを肩甲骨フロートと呼びスイマーならそうなるでしょうし、子供も手で背中を掻くようにすれば誰でもでます。

ただ上のイメージ(図)のように四つん這いにしてフロートさせようとするととたんに難しくなります。

これは肩甲骨と胸郭を一緒に働かせてかかる体重を支えるからですが、遊びとして上手く取り入れそれこそ歯磨きのように毎日できると肩甲骨を意識して動かせるようになります。

肩甲骨の動きを立体的にイメージできるようにしておくと良いでしょう(この動画はお母さん・お父さんがみるとよいかも)。

スキャ・プル

次は肩甲骨で体を“ちょっと”引き上げる遊び『スキャ・プル』にチャレンジしましょう!

『スキャ・プル』のやり方

  1. 持つ側(親)は両手を広げ①親指と人差し指の間を広げる
  2. 子供の親指を除く4本指を①にひっかけさせる
  3. そのまま両腕を伸ばして持ち上げる(子供宙吊り)
  4. ちょっと縮んでから頭上に伸びるを6回繰り返す

たったこれだけです!簡単な陸トレでしょ!(^^)!

ポイントは子供が(自分の)体を持ち上げようとするタイミングに合わせて持つ側が頭上に腕をしっかり伸ばすこと

鉄棒にぶら下がってママ・パパが後ろから足裏に手を添えて少し持ち上げるようにしてもいいですよ!

足裏から手で少し持ち上げると肩甲骨が動くようになる

こうすることで子供は肩甲骨で体を引っ張る感覚を覚えます、つまり肩甲骨を自分でコントロールできるようになるということです。

やり方がわからない!もっと知りたい方はこちらまでご連絡を!(^^)!

手ではなく肘が動く

バタフライでは肩甲骨から腕を動かすイメージが高まると、水面から水上に腕をだし頭上に戻すリカバリーで、肘が先に動いていくようになります。

手で水をキャッチし腕全体でプループッシュの後、手から出すのではなく肘から水面に出す意識が高まるということです。

ちなみに①水面に肘を出す瞬間は肩甲骨が背骨に最大限近づくいわゆる絞りの位置で、そこから②肘が肩の高さまで徐々に肩甲骨が背骨から離れていく意識に変わります。

肩甲骨から動き始める意識が高まると実際には手ではなく、肘が動くイメージになるわけです。

だから肩甲骨の動きをイメージできれば、バタフライのリカバリーで肘が先行する動きに自然と変わります。

第2キックの後、上半身は必ず浮き上がってくるので腕を水面に出すには最適のタイミングとなります。

上半身を無理なく自然に持ち上げてくれる第2キック(第1キックも含め)、これは肩甲骨がちゃんと動くようになってからでも十分対応できます。

くれぐれも水の抵抗に逆らって無理矢理顔をあげて息継ぎすることのないようにしたいものです。

無理矢理はやはり体にもキツイし第一それでは楽しくありません。

スムースな動き(泳ぎ)の中で無理なく自然にスーッと前に進んでくれるよう、遊びを通じて運動能力を高めることが《楽しく・気持ちよく・ワクワク》して泳げるコツなのですから。

まとめ:

肩甲骨の動く感覚アップが上手なバタフライのコツ

我が子の泳ぎ方をなんとかしたいと願いクライアントから質問とその回答を記しました。

▼無理に腕をあげようとせず、体が成長しその動きを受け入れる機能(働き)を有するまでは待つことが大切

▼バタフライで腕を自然に水面に出せるために肩甲骨を自在にコントロールできるようにしよう!内側を浮かせる肩甲骨フロートや『スキャ・プル』なら遊びがてらできる

▼腕の動きと脚のキックのタイミングが大切!特に第2キックでの短くリズミカルな動きからの上半身の浮き上がりを覚えると良い

TM鈴木

かるのび・フレンズ募集中!
LINE@「かるのび・ライフ」はこちら!
友だち追加