プロフィール

シェアする

TM(タイカン・マイスター)鈴木

ニックネーム:鈴木かっちも

出身地:千葉県

家族:妻・息子・娘・義母

学歴:

順天堂大学体育学部体育学科卒

順天堂大学大学院修士課程スポーツ医学専攻修了

Graduated Eastern Illinois University Dep. of Physical Education Athletic Training option

職歴:

Eastern Illinois University Athletic Trainer Room サッカー・野球担当、EIU Dep. of Physical Education 非常勤講師(Athletic Training 概論担当)、アメリカ独立リーグJohnstown Johnnysアスレチックトレーナー、TKSG整形外科常勤リハビリスタッフ(9年)、高校ラグビー・高校サッカーチームトレーナーを歴任

驚き:

sprinter

長い脚をさらに長く使える!?この能力の差はなに!?

アメリカ留学時代、短距離とサッカーを掛け持ちしていた “その” 黒人アスリートの運動能力に大いなる衝撃を受けたのが、そもそもの始まりでした!

『彼の体のあらゆる部分を調べてみたい!』と、それこそ毎日彼の部屋を訪問し、無理矢理友達にさせてもらったのです(^_-)

一方でサッカー担当のアスレチックトレーナーとして、チーム全体も観ながら彼の身体を密かに!事細かに!独自目線で研究を重ねました。

その頃から黒人アスリートの身体の独自研究に目覚めてしまった私は、学内にいるほとんどの黒人アスリートの運動能力について様々な情報をかき集めていきました。

さらに比較として白人系・アジア系・ヒスパニック系等、人種間にある(と考えられる)身体つきやその動きについても観続けました。

黒人アスリートと他の人種間で大きく違うポイントを発見し、みずから彼ら/彼女らの動きを真似て、独自の研究を繰り返した結果、現在の考え方にいきついています。

趣味:

内なる声

ワークアウト・トレーニング・日常の様々な動きを通して、みずからの【内なる声】とコミュニケーションをとっています。

このポーズ・動きはどこに効いてるのか!どの筋肉を動かしたらより気持ちいいのか!等、体や筋肉の動きに話しかけることがとても楽しい!(^^)!

同じようなポーズ・動きでも日々の体調によって全く感じ方が違うし、使われる筋・組織の動員数でも待ったく体重のかかり方が変わってくることが新鮮!(^^)!

考え方:

新たな思考新たな視点

独自視点が大切、人の意見・メディアの話などは話半分で聞いてちょうどいいと考えています(実際そうだから!)

非常識な考え・非常識なことが大好き!根拠があろうがなかろうがまずは自分でチャレンジ!しっくりくるなら身体で理解するまで続けてモノにしたいと考えています。

自分の専門分野に関しての非常識的考えは大切だということで、それ以外は基本的に常識人だし、一応大人として社会人としての常識ももち合わせています。

非常識な考えは後々肯定され常識となることが多い!それが間違いかどうか等、研究によって決められるべきものではないと考えます!

やりたいこと!

岩登り

岩登り(岩壁上り)、サーフィン、シュノーケリング、カヌー、森林トレイル等、自然を利用しながら身体づくりに役立つ動きに日々チャレンジしたい!

もちろん子供達と一緒にやるのが基本。

こうしたアクティビティや “遊び” は毎日できるとは限りません!

だから自宅の庭先で体を動かすことが最も大切だと考えています。

なぜならその程度の時間(5分とか10分とか・・・)であれば毎日できるし、毎日やっていれば体の調子に合わせて動きも当然変わってきます!

毎日体の調子を自覚できること!

体が外部からの刺激に対し敏感であることはアスリートとして、人間として最も大切な要素だと、私TM鈴木は考えているのです。

TM鈴木

スポンサードリンク

シェアする

フォローする