「 投げ方 」一覧

報道が伝えきれない球数制限の本質:投げ過ぎの根底にあるものを問え~球数制限内や8割で抑える技術の確立を目指す思考改革~

報道が伝えきれない球数制限の本質:投げ過ぎの根底にあるものを問え~球数制限内や8割で抑える技術の確立を目指す思考改革~

「球数制限」という言葉が頻繁に使われその現状を取材したTV番組の内容は、今の風潮を反映しその有効性を説いているものでした。 しかし賛成...

【脱】常識:「速く」ではなく如何に『上手く』走るか!~投手走り込み論外!動きの基礎にワクワク・ドキドキ感を見出す~

【脱】常識:「速く」ではなく如何に『上手く』走るか!~投手走り込み論外!動きの基礎にワクワク・ドキドキ感を見出す~

「走る」という行為は人類にとって動きの基本に他なりません! しかしながら走りを専門とする競技を除き、多くのアスリート・一般人は「走り」...

投手が肩・肘をケガしたら早めに手術!が最高選択のわけ~滅多にない好機を逃さず最良の精神状態を作り出す休息のススメ~

投手が肩・肘をケガしたら早めに手術!が最高選択のわけ~滅多にない好機を逃さず最良の精神状態を作り出す休息のススメ~

大谷翔平選手(LAA)の右ひじ手術がいよいよ現実味を帯びてきました(日本時間2018/09/12時点)。 当人はシーズン終了後に最終決...

甲子園投げ過ぎ問題:投球数が意味をなさない理由(わけ)~肩・肘を壊す前提で心と体を準備する考え方にフォーカス~

甲子園投げ過ぎ問題:投球数が意味をなさない理由(わけ)~肩・肘を壊す前提で心と体を準備する考え方にフォーカス~

夏になると必ずといっていい程噴出する甲子園の投手投げ過ぎ問題、プロ・アスレチック・トレーナーとしては思うところがあります。 春・夏の高...

投球時の肘外反ストレスを軽減:ケガを回避する投げ方~投手:大谷翔平のピッチングスタイルを検証してわかる驚愕の事実~

投球時の肘外反ストレスを軽減:ケガを回避する投げ方~投手:大谷翔平のピッチングスタイルを検証してわかる驚愕の事実~

日本から移籍する投手のほとんどが当該シーズンまたは数年以内に肘(肩)のケガを負い、戦列を離れる(DL)という事実をご存知だろうか? 中...

球速を左右する年齢と体型変化:思考とその取り組み方を再考~動きに必要な2つの《しなり》を生み出すカラダ感覚を磨く~

球速を左右する年齢と体型変化:思考とその取り組み方を再考~動きに必要な2つの《しなり》を生み出すカラダ感覚を磨く~

「なぜピッチャーは年齢と共に球速が落ちたり、肩や肘を痛めるのでしょうか?」という疑問に対しあなたはどういう答えをだしますか? メディア...

【両刃の剣】打者の目を射る武器を操ってこそのプロアスリート~誰も真似できない腕振りと唯一無二のスライダーを持つ男~

【両刃の剣】打者の目を射る武器を操ってこそのプロアスリート~誰も真似できない腕振りと唯一無二のスライダーを持つ男~

「プロ野球の歴史で最も“凄い”スライダーの使い手はだれか?」といった問いかけは基本的には意味がないと考えています。 TPOが違うのです...

『体の使い方の妙』を理論から紐解く!ボウリングの動作特性~スコアアップのカギは4・5ステップでの荷重と体重移動~

『体の使い方の妙』を理論から紐解く!ボウリングの動作特性~スコアアップのカギは4・5ステップでの荷重と体重移動~

ボウリングとは非常に不思議な側面を持つスポーツです。 残念ながら東京オリンピックの追加種目では落選してしまいましたが、やるスポーツとし...

野球肘のリスクを減らす【新提案】筋腱移行部への圧刺激を体感~スポーツ界で常識【伸ばす】+『緩める・解す』の重要性~

野球肘のリスクを減らす【新提案】筋腱移行部への圧刺激を体感~スポーツ界で常識【伸ばす】+『緩める・解す』の重要性~

野球肘、肘の怪我はMLB選手から少年までどのレベルでも起こりうる問題です。 肘の故障には球数制限や投球間隔(中4日~6日等)、そして硬...

マー君がピリッとしない理由を骨盤動作的視点で考える~エース復活には骨盤前傾の再調整で鈍い腕振りの改善が必須~

マー君がピリッとしない理由を骨盤動作的視点で考える~エース復活には骨盤前傾の再調整で鈍い腕振りの改善が必須~

2017シーズンも6月に突入したMLB、各チームの戦力もどうやらまとまりチーム成績に反映されて地区の優勝候補が自力を発揮してくる時期になりま...

かるのび・フレンズ募集中!
LINE@「かるのび・ライフ」はこちら!
友だち追加