「 子供/成長/育成 」一覧

球速・回転数アップのための機能的骨盤前傾位:FAPTAにフォーカス~ただし骨盤周囲筋群がしっかり機能する必要あり~

球速・回転数アップのための機能的骨盤前傾位:FAPTAにフォーカス~ただし骨盤周囲筋群がしっかり機能する必要あり~

投げる技術もさることながら、ピッチャーの球速をあげるには体の操作性(扱いやすさ)を高めることが重要です。 思い通りの動きとのギャップが...

知っているようで意外と知らなかった『股関節にのる』の真意とは?~体が扱いやすくなる!わかれば納得の絶対的優位性~

知っているようで意外と知らなかった『股関節にのる』の真意とは?~体が扱いやすくなる!わかれば納得の絶対的優位性~

スポーツ、特に球技では『股関節にのる(のせる)』という言葉が頻繁に使われます! 実際「股関節にのる!」とはどういう意味なのでしょう?ど...

今問われる!?日本人のメンタリティ:サラリーワーカー的思考に迫る!何があろうとゆずれない:それが目標達成の原動力!

今問われる!?日本人のメンタリティ:サラリーワーカー的思考に迫る!何があろうとゆずれない:それが目標達成の原動力!

サッカー日本代表はワールドカップロシア®大会において世界ランク3位:ベルギーの前に敗退、やはり3度目も決勝トーナメント1回戦の壁は越えられな...

動きに対する常識「○○せねばならない」とは?~今、ここにある!?「常識の壁」というリミッターを取り去る思考に迫る~

動きに対する常識「○○せねばならない」とは?~今、ここにある!?「常識の壁」というリミッターを取り去る思考に迫る~

「体を動かす意義とは?」を論ずるとき、常にでてくるのが「常識の壁」です。 ”常識”の壁とは、例えば「速く走るにはこうするべき!」とか「...

骨盤の隠れた才能に迫る!“うなずき”と“反うなずき”の正体~体の仕組みを知ると動くことが面白くなる理由(わけ)~

骨盤の隠れた才能に迫る!“うなずき”と“反うなずき”の正体~体の仕組みを知ると動くことが面白くなる理由(わけ)~

骨盤には人の動きを劇的に変える程の隠れた才能が眠っていることをご存知でしょうか? 前斜め下方に骨盤を傾ける前傾という動作のことで、この...

子供にも“ワークアウト”が必要な理由(わけ)を考える~偏る動きをなくし体をまんべんなく動かす習慣付けにフォーカス~

子供にも“ワークアウト”が必要な理由(わけ)を考える~偏る動きをなくし体をまんべんなく動かす習慣付けにフォーカス~

日本風に言えば「トレーニング」とよばれる“ワークアウト”、実はスポーツをする子供にとってきっても切り離せない要素があることを知る人は多くあり...

【ボディセンス・スイミング】カラダに起こる感覚変化に迫る!~その運動効果を最大限に引き出す水中特性を理解しよう~

【ボディセンス・スイミング】カラダに起こる感覚変化に迫る!~その運動効果を最大限に引き出す水中特性を理解しよう~

スイミング、誰しもが一度は経験しその運動効果は絶大なるもの!そうした理由から楽しく・気持ちよいスポーツとして社会的地位を築いています。 ...

【機能的】骨盤前傾位で走りが速くなる着地感覚を身に付ける~ランディングでランニングの感性を高めるコツにフォーカス~

【機能的】骨盤前傾位で走りが速くなる着地感覚を身に付ける~ランディングでランニングの感性を高めるコツにフォーカス~

走りの話をするときに「着地が大事!」というと、だいたいの人達の頭には「?」マークが3つくらい浮かぶようです。 例えば100mでいうと、...

子供の運動能力を飛躍的に高める方法!その名も『ヒヨコがね』~ジャンプのタイミング&力の入れ具合&着地のバランス~

子供の運動能力を飛躍的に高める方法!その名も『ヒヨコがね』~ジャンプのタイミング&力の入れ具合&着地のバランス~

よく動きよく遊ぶ愛娘:もっちが小さいときから現在(5歳)に至るまで、とてもお気に入りな遊びが今回紹介する「ヒヨコがね!」です。 フィッ...

遊びの中に刺激が眠っている!成長に必要な五感へのアプローチ~動くこと!すなわち日常~観方・捉え方を変える意義に迫る

遊びの中に刺激が眠っている!成長に必要な五感へのアプローチ~動くこと!すなわち日常~観方・捉え方を変える意義に迫る

我が子の成長のため、特に幼児期にどんな運動をやらせたらよいのか?親はそうした悩みを少なからず抱えているということが、最近クライアントを通じて...

スポンサードリンク