子供にも“ワークアウト”が必要な理由(わけ)を考える~偏る動きをなくし体をまんべんなく動かす習慣付けにフォーカス~

シェアする

日本風に言えば「トレーニング」とよばれる“ワークアウト”、実はスポーツをする子供にとってきっても切り離せない要素があることを知る人は多くありません。

スポーツ技術上達のための練習全盛の日本にあって、体作りや動きを洗練させる目的としての “ワークアウト” は多くの場合、軽視されがちです。

実はこのワークアウトこそが、今の子供達が置かれた環境で体をまんべんなく使う(働かせる)ことに繋がる重要な要素なのです。

技術練習だけではパフォーマンス(競技力)が停滞、もしくは高めにくい理由(わけ)と、逆にワークアウトがその課題を解決する手段になるという思考を紹介します。

スポンサードリンク

憂う!ジュニアスポーツの現状

技術力アップ一辺倒に物申す

スポーツには各々種目(動作)特性というものがあり、例えば野球とサッカーの動きは異なる場合が多く、筋肉の使い方、力の出し方も違うといった、双方それぞれに異なる特有の動き方があります。

ひとつの競技だけを続けると体はその競技特有の動きには慣れて一時的に技術力の向上は望めますが、違った動きには対応できない(しにくい)という偏りが生まれます。

ひとつのスポーツを続ける弊害

技術力アップには異なる動きを!

たとえその技術が多少高まるとはいえ、基本的な動きやそこから派生する応用動作に支障をきたす(かもしれない)ような偏った競技力の習得環境は、子供達の成長にとってプラスとは言い難いでしょう。

同じ動きを繰り返すことで(技術力の)上達速度が高まると思いがちですが、そううまくはいかず逆に停滞してしまうケースは多く見受けられます。

大人(子を持つ親は)はこの現実をどう受け止めるのでしょうか?「練習を一生懸命やれば上手くなる!」というのは大いなる幻想にすぎません。

指導者は子供達の肉体的・精神的成長を促すため、自由な発想を引き出す思考を抑えつけ、技術を高めるためだけの訓練(やらされる感が強いイメージ)を強いる、これが実際の現場の現実なのです。

下手をすれば長年続け少しずつ高まった競技技術の停滞を招き、逆にパフォーマンスが大幅に低下してしまうことだってあり得るし、子供次代にひとつの競技を継続することの弊害は、こうした形で確実に存在するわけです。

メンタル疲労で上達スピードが衰退!?

伸び悩むメカニズム

技術力の停滞は精神面にも大きな影響を及ぼし、成績が落ちたり記録が伸びなくなったりすることで精神的な疲労が生まれる、いわゆる「伸び悩み」を引き出すのです。

これは毎日繰り返される動作に対し脳が外部からの刺激を受けにくくなるためで、例えばピッチング練習を繰り返しても脳がその動作に関する情報を受け入れにくくなることがあるのです。

できないことを何度も繰り返す結果、脳が完全にその情報を受け付け(受け入れ)なくなり、技術に反映されないから伸び率は大幅に低下します。

こうなると自分の技術ばかりか自分にさえ自信が持てなくなり、精神的不安定から「できない・(記録が)伸びない」というイメージが高まり、負のスパイラルに突入するケースも少なくありません。

俗にいうスランプの正体がこれ!仮に最悪の事態にならずとも、「最近元気がない!」「覇気がなくなった!」等、小さな変化から徐々にメンタル面がほころんでくるわけです。

シーズン制の導入はもはや不可能!

同じ動き・練習ばかりしているとその動きに対して脳が刺激を受けにくくなり、新しい技術習得も加速せず、パフォーマンスが大幅に停滞することにも繋がります。

ずーっと剣道だけやっていることは決して悪いことではないけど、技術習得の速さからみればその上がり具合、加速がなくなってしまうということなのです。

日本はアメリカやヨーロッパと違い、スポーツのシーズン制がありません!これはいわば通年で同じスポーツを継続しているわけで、その競技特有の動き以外の動作機会は大幅に失われている現実があるのです。

こうして育まれた動きの偏りが、特に子供にとっては技術習得を停滞させる妨げになることを指摘する研究も多く観られます。

シーズンがわかれていて陸上とサッカーを通年で分けながらプレイできる環境、これは異なる筋肉や組織を働かせるという意味、また競技力アップにおいても非常に有利なのです。

別の練習をすれば良いのか!?

同じ競技でも練習方法を変えることで違った動きは可能なのでは?という意見・・・、確かにわるくない質問です。

但しサッカー指導者が今日はこんな(新しい)練習をしよう!と試みたものの、それは結局サッカーの動きでしかないことがほとんどです!

指導者達はあくまではサッカーのコーチであって、サッカーに関する練習法・指導法は知っているでしょうが、カラダの仕組みや動きには精通しているわけではありません。

サッカー指導者で動きの本質を理解していればあるいは可能かもしれませんが、そういうマルチな才能を持つ博識な指導者は世界を探してもそうはいないでしょう。

解決法のひとつはメインのスポーツ(例えば野球)と合わせて別のスポーツを一定期間経験することです!なぜなら前述したように競技・動作特性がまったく違う動きを体感できるからです。

異なる動きが上達を加速!

特別なことではなく普段の遊びから!

特に子供の頃は「乾ききったスポンジに水が急激に染み込む」かの如く、該当するスポーツで驚く程の上達が見込まれる次期を経験することもありました。

これはカラダを動かすことで(脳が受けとるべき)様々な情報を受けとりやすくなるからで、いわゆる脳のリフレッシュ状態を意味しています。

この受け入れができる限りは上達速度は(例えゆるやかでも)確実に右肩上がりしていくものです。

活路が見えるワークアウト

そらに向かってジャンプするだけでも色々なことを教えてくれる

TM鈴木がおすすめする“ワークアウト”とは日本的なトレーニングや筋トレと違い、技術力アップに直結する基礎的な動きを作るいわば遊びの様相を盛り込んだ動きづくりのことです。

簡単に言えば我が子と一緒に遊ぶこと、その遊びにちょっとだけある“スパイス”を加えればれっきとしたワークアウトの完成です!

筋肉・その他の組織の伸縮性能を高めたり、力の入れ具合をコントロールしたり、スポーツ動作のベースとして、特に幼少期から始めるべき様々な動きを含んだ遊びのことなのです。

ワークアウトは単に重いウェイトを持ち上げるだけのウェイトトレーニングや筋トレである必要はなく、自重を使ったり様々な手段(道具)を駆使して筋肉・腱・膜等に新たな刺激を与え動きの性能を高めることが重要です。

辞めない限り複数競技を併用することに無理がある今の日本で、こうした“ワークアウト”を日常的に試みることで子供達が置かれた現況を変えることには大きな意味があるのです。

野球の練習をしない時間に水中で戯れたり(決してびっちり泳ぐ必要はない)、自転車に乗ったり、山を散策したり、岩壁を登ったり、アスレチックをしたり等、体を使う様々な遊びが子供が行うべきワークアウトの基本です。

それこそ鉄棒・雲梯・登り棒・ジャングルジム等も役立つでしょうし、家の外でフラフープ・壁に向かって逆立ち・腿をあげて地面にガツンと体重をかけて歩いたりと、普段の動きとは違った体の使い方をすればアンテナが張られた良好な脳の状態を維持できます。

子供に合うワークアウトがわからない!そもそもどんなことをしたら(させたら)いいのかわからないという場合、TM鈴木にご相談ください!

お問合せ(詳細)
一般的なご意見・ご質問等は「お問合せ(一般)」へどうぞ! 「お問合せ(詳細)」では、より具体的な内容をお知らせいただくことで、...

その意義は実に奥深い

逆立ちは普段のスポーツであまりない要素

トレーニングという言葉が浸透している日本と違い、欧米はこの “ワークアウト” という言葉で体を鍛えることを表現するのが一般的です。

トレーニングは古くは軍隊の訓練を意味し、そこから派生し無理矢理受けるという要素を含んでいますが、ワークアウトにはみずから進んで目標に繋げる(導く)といった行動上の意味合いも含まれ、偏った動きにバランスをもたらす有効な手段となり得ます。

特定の動きに偏らずなくまんべんなく様々な動きを体感することで、新しい動きを受け入れる脳のアンテナがしっかりと張られ、メインとなるスポーツの技術習得に大きな期待が寄せられます。

例えば少年野球を続けながら日々ワークアウトをすることは物理的には十分可能で、シーズン制をとれない日本にとってこのスタイルが最も自然なスタイルともいえるでしょう。

そんな“遊び”の効果を子供のうちから体感しておくことは技術習得とは比べものにならない程大切なことで、将来スポーツで大成するための思考力を高めることに他なりません!

何より「意外!」とも感ずる動作を楽しむ心を育んだり、体の成長に従って自発的に加速する運動性能を各段に伸ばすことができるので、無駄な技術習得一辺倒で失う時間がもったいない!と感じるべきでしょう!

当たり前のことですが「急がばまわれ!」まずは動きのベースを高めることに注目してみてはいかがでしょう!(^^)!

まとめ

動くことを楽しむ習慣を!

ひとつのスポーツをずっと続けることをともすれば美化しがちですが、実は動きの観点からみれば同じ動作の繰り返しで逆に技術力向上妨げになるケースが少なくありません。

体は正直で同じ動作を繰り返していると脳のアンテナは縮まってしまい、それ以上新たな情報を取り込みにくくなってしまうのです。

特に少年スポーツの場合、競技技術を高めるためには様々なスポーツ(動き)をさせることが有用で、シーズン制をとれない日本ではその役割を日常的な遊びを含む “ワークアウトに求めることが最も有効でしょう。

遊び感覚でする色々な動き、ママやパパ、そして多くの友達と芝生を駆け巡ることはスポーツでの競技力アップに大きな効果をもたらしてくれるでしょう!(^^)!

TM鈴木

あなたにお伝えしたいこと!

スポンサードリンク