「 ピッチャー 」一覧

球速・回転数アップのための機能的骨盤前傾位:FAPTAにフォーカス~ただし骨盤周囲筋群がしっかり機能する必要あり~

球速・回転数アップのための機能的骨盤前傾位:FAPTAにフォーカス~ただし骨盤周囲筋群がしっかり機能する必要あり~

投げる技術もさることながら、ピッチャーの球速をあげるには体の操作性(扱いやすさ)を高めることが重要です。 思い通りの動きとのギャップが...

特定球種SFFだけが肘の故障に繋がるの?独自視点で考察~「投げる」行為そのものに大きな負荷が加わる事実を知るべし~

特定球種SFFだけが肘の故障に繋がるの?独自視点で考察~「投げる」行為そのものに大きな負荷が加わる事実を知るべし~

大谷翔平選手がロスアンジェルス・エンジェルス(LAA)に加入しセンセーショナルな盛り上がりを見せているMLB、二刀流としての活躍は海の向こう...

【投手必見】投球前全身ウォームアップに最適な体幹リズムエクサ~肩甲骨と骨盤連動性の効果はマエケン体操を凌ぐ!?~

【投手必見】投球前全身ウォームアップに最適な体幹リズムエクサ~肩甲骨と骨盤連動性の効果はマエケン体操を凌ぐ!?~

ピッチャーは投球(練習)に入る前、独自の様々な動きをウォームアップに取り入れています。 今ではすっかり有名になった前田健太投手(LAド...

【練習しないことが本当の練習】というプロの思考法~ケガのリスク回避は8割での全力投球と脳のフル回転~

【練習しないことが本当の練習】というプロの思考法~ケガのリスク回避は8割での全力投球と脳のフル回転~

『アメリカではゴルフをはじめ他のスポーツでも、”量をこなす”練習が推奨されることはあまりない』 出典: 実に気になる一言を先頃、とあ...

【思考変革】高校野球甲子園出場投手の投げ過ぎは是か非か~単に投球数やイニング数を規制するだけでは肘と肩は守れない~

【思考変革】高校野球甲子園出場投手の投げ過ぎは是か非か~単に投球数やイニング数を規制するだけでは肘と肩は守れない~

今年も春の選抜高校野球は当稿執筆時点でベスト4が出そろいました。どのチームも甲子園で全力を出し切って充実したプレーをしてほしものです。 ...

スポンサードリンク