「 スポーツ 」一覧

怒りをコントロールする!ストレスに対処する思考と手段~心は冷静に!行動はアグレッシブにする日常習慣に迫る~

怒りをコントロールする!ストレスに対処する思考と手段~心は冷静に!行動はアグレッシブにする日常習慣に迫る~

スポーツでも様々な怒りは存在しますが、その昂ぶった感情を上手くコントロールすることが人格形成、果てはパフォーマンスを高める重要な要素となりま...

『空前絶後!』速く走るための機能的骨盤前傾位にフォーカス~骨盤傾斜角と脊柱の【しなり】で前方推進力は驚く程変わる~

『空前絶後!』速く走るための機能的骨盤前傾位にフォーカス~骨盤傾斜角と脊柱の【しなり】で前方推進力は驚く程変わる~

スプリント、例えば100mや200mでは最低でも4つの要素が必要だといわれ、いずれも知っているのといないのとでは身体の使い方や動き方に大きな...

腰痛予防革命!眼のいき届かない部分のカラダ感覚を磨く~メカニズムを知れば痛みをコントロールし思い通りの動きが可能~

腰痛予防革命!眼のいき届かない部分のカラダ感覚を磨く~メカニズムを知れば痛みをコントロールし思い通りの動きが可能~

いきなり「グキッ」とか「ピキッ」腰に走るあの衝撃、あなたもそうした腰痛に悩まされることはありませんか? 病院に行くまでもないけど「なん...

骨盤が後傾する理由(わけ)と筋発揮能力低下の関係に迫る!~《しなり》を生み出すコア力の源【機能的骨盤前傾位】~

骨盤が後傾する理由(わけ)と筋発揮能力低下の関係に迫る!~《しなり》を生み出すコア力の源【機能的骨盤前傾位】~

『骨盤を操作する!』あなたはこの意味をどうとらえるでしょう? 骨盤って動くものなの?と思われるかもしれませんが、そう!骨盤って動くので...

『身体【脳】力』vs身体能力:脳とカラダの繋がりを高める~「動かす」ことの考え方が劇的に変わるチャレンジの意義~

『身体【脳】力』vs身体能力:脳とカラダの繋がりを高める~「動かす」ことの考え方が劇的に変わるチャレンジの意義~

《身体能力》という言葉があります。サッカー評論家諸氏がTVでよく使う“アレ”です。 『この選手の身体能力は高いですねぇ』とか、 ...

物事の“本質”を見抜く視(め)と多角的思考でその背景を探れ~常識と固定観念を打破する新たなメンタリティの確立~

物事の“本質”を見抜く視(め)と多角的思考でその背景を探れ~常識と固定観念を打破する新たなメンタリティの確立~

ある調査によれば日本人は「疑わない人種」とか、「人と同じことをしたがる」等と他国からみればマイナスに観えるメンタリティを有していると言われま...

武井壮は本当に「百獣の王」なのかを独自目線で検証してみた~運動センスの才に溢れる賢い思考に着目したら観えたもの~

武井壮は本当に「百獣の王」なのかを独自目線で検証してみた~運動センスの才に溢れる賢い思考に着目したら観えたもの~

武井壮(以降:敬称略 or 武井さん) 1973年5月6日生 44歳 陸上十種競技元日本チャンピオンとなりました。 2年前には芸能活動...

『どんぶり飯何杯食べたか!』の指標が示す大きな誤解を問う~成長期の子供に必要な日常生活のルーティンワークを学ぼう~

『どんぶり飯何杯食べたか!』の指標が示す大きな誤解を問う~成長期の子供に必要な日常生活のルーティンワークを学ぼう~

昨今の高校野球で流行っている質問、それがこの『どんぶり飯を何杯食べるのか?』です。 実際何杯食べているかというのが問題ではなく、沢山食...

筋発揮能力が飛躍的にアップ【筋の動きを感じとる】コツに迫る~ウェイトを持たずとも筋肉を働かせる能力の実態とは?~

筋発揮能力が飛躍的にアップ【筋の動きを感じとる】コツに迫る~ウェイトを持たずとも筋肉を働かせる能力の実態とは?~

前々回のブログ でお伝えした内容をもう少し詳しくお伝えします。 子供の筋トレは、体作りやケガ予防としても大切ですが、それ...

ダイナミックな肩甲骨動作の担い手前鋸筋の伸展エクサとは?~骨盤前傾角と脊柱の大きなしなりが生み出す肩甲骨の洗練性~

ダイナミックな肩甲骨動作の担い手前鋸筋の伸展エクサとは?~骨盤前傾角と脊柱の大きなしなりが生み出す肩甲骨の洗練性~

肩甲骨は「投げる・打つ(打撃含)・押す・引く」等、腕をスムースに動かす動作に必須の部位です。 そしてその動きは肩甲骨の動く範囲(可動域...

スポンサードリンク