《サミット・ジャンプ》背中ー臀部ー腿裏と体幹シンクロを体感~美尻・美姿勢・コア・ダイナミクスを脳と体にイメージ~

シェアする

両手を地面(床面)につき両肩を支点にしながら腰を折ってジャンプをする、サミット・チャンプをご存知でしょうか!

腰の辺りが “山の頂上” 、つまり頂(いただき:Summit)にあたることからこうした名称がついていますが、この形を維持しながらの連続ジャンプはかなりの運動強度です(^_^;)

道具やウェイトを使わずともしっかりと体に効かせることを目的としたこうした種目、実は沢山あることを知っている人は多くはありません。

今回は自重(自分の体重)を利用してコア・ダイナミクスをイメージできるトレーニング・テクニック(サミット・ジャンプ)とその動きのバリエーションをご紹介します!

その動作から脳と体のシンクロを感じられ、体の仕組みや動きについてより敏感に感じられるはずです!(^^)!

スポンサードリンク

サミット・ジャンプの特徴

image1:

背中・臀筋群・腿裏を刺激

簡単に!しかも最大に近い効果!を得られるのは、動き自体にそれなりの理由があるからです。

継続しつつ時々アレンジを加えていくことで、動きながら心と体の同調性(シンクロ)を感じられ、さらに体の状態や動作に敏感になるという嬉しい効果もあるのです。

動作自体はとても簡単で、見た目にもわかりやすい、さっそく試さずにはいられませんね(~o~)

movie1:

サミットジャンプの実際

筋の使われ方が違う!?

image2:

お尻がトップの位置で山の形に

基本的には自重(あなたの体重)を利用したトレーニングですが、負荷は通常のジャンプ動作に比べおそらく半分程度となります。

腰を曲げている分だけ上半身の重さが加わりにくいからですが反面、背中~臀部~腿裏という体の裏面には着地毎に非常に強い負荷(ストレス)が加わります。

注)ジャンプの強弱や手と足の幅、回数・セット数等によってトレーニング強度の高低をいくらでも変えられます。

この動きの際、筋肉が着地によって強制的に伸ばされる力発揮の形態を、伸張性収縮(=エキセントリック・コントラクション)と呼び、筋の能力を最大限に引き出すトレーニング法とも言われます。

さらに着地から即座に再ジャンプすることで、今度は背中~臀部~腿裏の筋肉に急激が縮む力発揮(求心性収縮)性能が加わるのです。

筋肉の力の出し方が(他の環境負荷により)最大限伸ばされ、直後に縮むという動作を繰り返す!これがサミット・ジャンプの大きな特徴のひとつでもあります。

よりイメージしやすいコア・ダイナミクス

image3:

コアの連動性を高める

さらにもうひとつの特徴として体幹のコア・ダイナミクスと四肢のシンクロ(動作の協調)化があります。

体幹部をさらに細かく分ければ胸郭を含む頸/胸椎部・残りの脊柱を主とする腰椎部・骨盤部とに分かれますが、部位毎の動きにシンクロが育まれスムースで流れるような動作が可能となります。

体幹が動作中に安定しつつその強弱な動きに合わせられることを、動的能力『コア・ダイナミクス』とよびますが、サミット・ジャンプ(+その応用動作)はこの能力を劇的に高めます!

その位置で跳ぶだけでなく、前後・左右・斜めといった方向への動作バリエーションによって、スポーツや日常生活時の背部~臀部~腿裏といった背中と体幹への意識付けが飛躍的に高まるのです。

どんな人におすすめ?

image4:

美背中&美尻効果にも期待大!

アスリートならメニューに組み込んでいただけば大きな成果が期待できます!

もちろん!慣れてきたら種目のバリエーションに変化を持たせましょう。

前後・左右はもちろん、斜め方向や飛んだ際に少し捻じりを入れてみるなんてことも効果をさらに高めてくれます。

一般の方ならアンチエイジングや、ウェスト~ヒップラインのメリハリ、また「美尻」づくりとしての美容効果も見込まれます。

前回のブログで美尻コンディショニングをご紹介しましたが、このサミットジャンプとセットにすることでさらなる満足を得られるでしょう!

機能美に溢れた美尻をつくる中・小臀筋コンディショニング~【ツブツブ】にお尻をあて圧をかけるいた気持ちよさを体感~
人の臀部は身体の動きをコントロールするため、過大なストレスがかかり、特に中(小)臀筋には「凝り・張り」といった症状が頻繁に出現します。 ...

こうした美容以外に姿勢改善や日常生活での疲れを感じにくくなったり、逆に疲労をはやく取り去る効果も期待できます。

お子さんであれば親子で実践することで相乗効果が高まるでしょう。

走りを速くしたい・運動能力を高めたいのであれば先にあげた『コア・ダイナミクス』と体うら側の筋肉へ沢山の刺激が加わる「サミット・ジャンプ」はチャレンジする価値多いにあり!なのです(^_^)

まとめ

image5:

絶大な背中発達の効果

ウエイトも道具も必要なく、それでいて(やり方によっては)最大効果を得やすい「サミット・ジャンプ」をご紹介します。

少し高さのある台(映像では壁面を利用)に両手をつき、肩を支点にして腰を曲げた状態でジャンプを10~15回程度繰り返します。

体重の約半分の重さが加わるだけでなく、ジャンプ⇔着地それぞれで筋肉の発揮方式が違う(伸張性収縮⇔短縮性収縮)ため、筋肉の伸び縮みにメリハリがつきます。

さらにスポーツ動作に適応した体幹の安定性や機動性能である『コア・ダイナミクス』能力が飛躍的に高まります。

如何でしたか!積極的なあなたのチャレンジをお待ちしてます!(^^)!

TM鈴木

スポンサードリンク