コアトレ再考!骨盤前傾と肩甲骨フロートで吊り橋プランクにトライ~こうあるべき!を排除し体幹に効く真の動的安定性を求めよ~

シェアする

スポーツの動きに効果的なコアトレの王道「プランク」はなぜこうしなくてはいけないのか?あなたは今迄に考えたことがありますか?

様々な事象に「なぜ?」という概念が働くと人には新たな発想が生まれます!

骨盤前傾トレーニング『かるのび~kaRuNobi~』なら普段実施するプランクでは得られない異なった感覚や変化を感じられます。

従来の方法とは違う!誰も知らない“吊り橋”プランク、試してみるとあなたの感覚に変化が起こるはずです!(^^)!

スポンサー募集!
骨盤前傾マニア・TM鈴木のスポンサー募集!

実践『かるのびプランク

プランクを“ただの”トレーニングで終わらせないために!

さっそく骨盤前傾位『かるのび~kaRuNobi~』による本来の「コアに効かせる」『かるのびプランク、通称“吊り橋”を試してみましょう!

今まで感じなかった“重さ”の正体を知ることがゴルフや陸上といったスポーツで使える体幹にする最初の重要なカギとなります。

常識に左右されてしまうと・・・

本来のプランクは骨盤の前傾に意識が向かないと、まずもって“重さ”を感じることはありません!

なぜなら大胸筋ー腹直筋ー大腿四頭筋という体の前面だけを使い、それこそ“板”のようにして体を支えてしまうからです。

とても残念なプランクかも・・・

コアトレと称しているにも関わらず前面板状態・・・、これでは骨盤ー脊柱ー胸郭ー肩甲骨とそれを取り巻く深部筋達がまったく使われないではないか・・・。

まったくなんと悲しいことでしょう!

コアトレーニングといいながら外側の筋肉のみを効かせているれっきとしたアイソメトリックな筋トレになり下がっています(*_*;

いや!コアトレじゃなく筋トレやってんだ!というのならそれはそれでありなのです!しかしこれをコアエクササイズと呼んでしまったらあまりにも暴挙と捉えられても仕方ありません。

「プランクはこうする!/こうあるべき!」というテキストや専門家の類また、しったか!してしまったコアトレの本を出版するようなアスリートが陥る典型的なまやかしエクササイズです。

実践!『かるのび』プランク

かるのびプランクで“重さ”を感じる秘訣は以下の2つです。

  1. +5度の骨盤前傾
  2. 肩甲骨フロート

かるのび~kaRuNobi~』なので少なくとも+5度骨盤前傾は必須となります!

前側アウターマッスル(大筋群)で体を支えるのではなく、主に深部筋を効かせて骨格を維持します。

なぜなら深部筋こそが骨格を安定させる機能を有しているからです。

さらに2.肩甲骨をプランク中に肩甲骨を脊柱に引き寄せましょう!この引き寄せを【骨盤前傾マニア】は“フロート”(浮かすことの意)と呼んでいます。

あくまで理想だがこれが肩甲骨フロート

そうすることで“重さ”つまり自分の体重を体幹(胴体部)でしっかりと感じとることができます!

かるのび』を受け入れる体作り

骨盤前傾を脳が受け入れるために!

なぜ『かるのびプランクをするのか?骨盤の傾斜角(前傾)を脳が受け入れる体にするためです!

プランクだけでなくコア種目の全て、筋トレ、色々なスポーツの動き、日常の起きてる時寝てる時等、あなたが生きていく中のすべての動きを骨盤前傾で行えるようにします!

その程度の“覚悟”がなくては『かるのび~kaRuNobi~』を身に付けることなどできません!

かるのび~kaRuNobi~』は覚悟がある人だけしかできないし、【骨盤前傾マニア】もその覚悟がある人だけにしか提供しません!

“吊り橋”プランク

さならなる感度を求めてよりアドバンスレベルへと進みたい場合、1.2.に留意した“吊り橋”プランクを目指しましょう!

かるのび~kaRuNobi~』を習得するためにまずは骨盤前傾を受け入れる脳に変えていかなくてはなりません。その感覚を高めていくのです!

1.2.の感覚で取り組むと腕と足の支持だけで胴体(体幹)部を支えることが如何に困難!ということがわかるはずです。

つまり体前面の板(大胸筋ー腹直筋(外腹斜筋)-大腿四頭筋)を取っ払っているからです。

まずはこの状況(重さ:荷重)を体で感じることが大切なのです。

ひとりをおいてこれを指導できる人はいない・・・

これは筋肉の発達したトップアスリートでも当然感じます。なぜかといえば彼らは体をにするプランクには慣れていますが、吊り橋プランクは全く経験していないからです。

腕と足のいわば“橋脚”に胸郭(肩甲骨)ー脊柱ー骨盤ー下肢というワイヤーをかけて、周りの大腰筋を主とした深部筋群と腹空圧、さらに背部(裏側)の筋群で安定性を持たせるのです。

体を前面(床側)で支えるのではなく、深部・背部側で吊り橋のように支えることで、従来のプランクと比べ使われにくい部位や筋群が驚く程使われるというわけです。

固定観念が独創性を阻む

従来のプランクは骨盤前傾と肩甲骨フロートという2つの条件を考慮しないため、それこそ骨盤を逆に後傾気味にして脊柱~骨盤~股関節を“板”のように固めてしまっていました。

残念なプランクはごまかしの運動能力しか生み出さない!

しかしそれでは骨格とその周りに付着する深部筋の働きは高まらず、大筋群との協調連動が起きず結果的に安定性が高まりません!

コアトレをして体が安定したとといいう思い込みはとても危険なことに気づかなくてはなりません!

静止状態で大筋群を使ってからだが安定してもインナー(マッスル)と骨格の機能が高まらないならそれは動きを伴うスポーツでの安定性には寄与しないからです。

プランクはこうするべき!プランクのポーズはこうあるべき!という固定観念、いってみれば常識が新たなメソッドを模索することを拒否した結果に他なりません!

プランクは是非!“吊り橋”で実践してみる!ことをおすすめする理由がここにあります。

体を吊っている感覚とコア・ユニットに働く“重さ(荷重)”を経験したら、従来のプランクには戻れません!

それ程衝撃的な感覚と効果があるのですから(^_-)

効果を体感したいとおもった方は、こちらまでどうぞ!

これを読めば一目瞭然

百聞は一見にしかず!まずは“吊り橋”プランクにトライ

▼従来のプランクは体前面の大筋群の連結効果で胴体を板にして下から支える!それはコアに効くわけでなく、アイソメトリック(等尺性)な筋トレである

▼+5度の骨盤前傾と肩甲骨のフロート(浮く状態)で、腕や足の“橋脚”を固定を解いた骨盤と肩甲骨からなるワイヤ―で支えるため、胴体の荷重をしっかり感じることができる

▼この“吊り橋”プランクなら深部筋・腹腔・背部筋の働きが向上し、スポーツ等の動的シチュエーションでコア・ユニットを安定させた形で自在に動ける機能が身に付く!

▼骨盤前傾トレーニング『かるのび~kaRuNobi~』はコア・トレにも生かせる!それを可能にするのは固定観念や先入観に縛られない発想に他ならない!

TM鈴木

スポンサー募集!
骨盤前傾マニア・TM鈴木のスポンサー募集!