ゴルフスイングに役立つ【最新トレンド】情報~機能的な骨盤の動きが股関節・脊柱・胸郭・肩甲骨の動きを活性化する~

シェアする

ゴルフはそのスイングによって打球の方向や強さが変わります。正確で力のあるスイング軌道なら勝利の確率も当然高くなり、だからこそスイングに関する様々な理論が巷に溢れているわけです。

アマチュアや愛好者の場合、スコアアップアプローチはスイング時の開きを修正したりグリップを変えたりといった、もっぱら技術論に終始するでしょう。

なぜなら他に仕事を持っているためプロのようにトレーニングや栄養補給(食事)にまで費やす時間がないからです。しかしそれでは安定したスイング動作中々望めません。

自分の思い通りに動く身体があってこそイメージした通りのスイングができることを認識するべきです。適切な身体の動きがあってこそのスイングであり、身体を動かす基礎ができない状態ではスコアアップは難しいでしょう。

というわけでスムースなスイングを生む身体の操作法についてその仕組みを紐解いてみましょう。少しの気の使い様とちょっとした工夫であなたの身体や動きも徐々に変わり、驚く程スムースなスイングに変化していくはずです。

スポンサードリンク

スイングにおける動きの仕組み

ゴルフのスイングでは腰の回転を使うと言われます。しかし腰の回転とはどこを指して何を回転させるのでしょう?「腰の回転で・・・」というのはどうやら指導する側の経験を元に表現しているようですが、果してその真意はどこにあるのでしょうか。

運動連鎖で力を溜め込む

身体のこと・動きのことを知っている人なら腰とは骨盤のことを指しているのが容易に理解できるでしょう。身体を捻じろうと(体幹の回旋)するとき無理をして肩を捻じる人がいますが、これではボールインパクト時の爆発的なエネルギーを生み出すことはできません。

人は地面を踏みこむことで反発する力(床反力)を足裏から得ています。その力を脚ー股関節ー骨盤ー脊柱ー胸郭(肩甲骨)ー腕ー手ークラブへと徐々に移動させ、最後はクラブフェースからボールに伝えているのです。

だから肩を中心に回すということは地面からの反発力を得られないばかりか、仮に得た場合でも体幹で粗方ロス(消失)し、新たに肩を回すことでしか回旋のエネルギーを生み出せないということになります。

エネルギー伝達の要:骨盤

運動とは身体の各部分(分節)に力(エネルギー)が波のように程よく伝わることで、これを運動連鎖(うんどうれんさ:Kinetic Chain)といいます。各分節の動きが良くないと力は先へ伝わる毎にその都度減少し、ボールインパクトでは半分以上失ってしまうなんてことが少なくありません。

特にアマチュアの場合、そうした運動連鎖の効率はプロに比べて大幅に悪くなります。プロはこうした体内を伝わる力(エネルギー)の伝達効率を(その人に合った)適切なスイングフォームにすることで、飛距離を出し安定感を高めているのです。

この力(エネルギー)伝達の要となるのが骨盤です。骨盤がしっかり回せないと下半身から得たエネルギーが上半身にしっかりと伝わっていかないのです。そして骨盤をしっかり回す(回旋)ためには骨盤の前斜め下方向への傾斜角である前傾位が必要となります。

スイング時の骨盤前傾を進める理由

Q:スムースでブレのないスイングを実現するにはどうすれば良いのでしょう?

A:骨盤を前傾させた状態を維持してスイングすればよいのです。

問いに対する答えは身体や動きの専門家からみれば正論です。実際現在のアスリートは様々なトレーニング等で体幹、そして腕や脚とのつなぎ目の機能を高めているため、昔に比べれば骨盤もある程度前傾した状態で動作が行えます。

中でも松山英樹選手に至ってはアドレスートップ、そしてダウンスイングへの切り替えしまでは骨盤前傾角がかなり大きくなり股関節と体幹部を機能的に使ったスイング軌道を可能にしています。

身体の仕組みからして骨盤を前傾させて打つほうが腰つまり骨盤が回旋し、体幹部の大きな捻じりを生み出すことができるのです。骨盤前傾位により股関節ー骨盤ー脊柱ー胸郭(肩甲骨)のラインの協調動作が生まれ、運動連鎖による連動性が高まります。

松山選手はおそらくただそのイメージを実践しているにすぎませんが、日々明確な意図を持って継続していることがスイングの安定性と飛距離に繋がっているといっていいでしょう。

骨盤前傾位は簡単ではない!?

しかし骨盤前傾位はだれにでもできることではありません。仮に前傾にすることはできても運動に適した角度にするには相当な時間と身体の慣れが必要です。

特に日本を含めたアジア系人種は骨格配列が中間位(やや前傾位)からやや後傾気味です。そして仮に骨盤前傾角になったとしても、運動時にはその角度が普段の傾斜位置に戻ってしまうことが多々あり中々身に付きません。

その慣れ親しんだ骨盤の傾斜角を大きくすることは、周りにある筋肉の力を借りない限り難しいのです。骨格配列つまり先天的機能的骨盤前傾になる黒人アスリートと違い、日本人アスリートは骨盤前傾維持を目的としたトレーニングにより機能的骨盤前傾位を高めてしくしかないのです。

プロたちはボールを打つスイングの時間とほぼ同じだけの時間をトレーニングやコンディショニングに充てているのです。プロと同じような打ち方がアマチュアにできない理由はここにあるといっても過言ではないでしょう。

骨盤前傾の仕組みと適切な訓練

骨盤を前傾にするためには筋肉の動く仕組みを知っておく必要があります。それがわからないとトレーニングの趣旨がぼやけてしまい、何のための運動かがわからなくなってやる気が失せてしまうからです。

『伸ばす』→『縮む』の質を継続して高める

骨盤前傾位に関わる最もメインの筋肉は大腰筋ハムストリングです。大腰筋は身体の奥にある深部筋群の一部で、脊柱から骨盤を介して股関節に繋がっています。ハムストリングは腿裏にあり脛骨から骨盤の坐骨に繋がっています。

どちらの筋肉も二つ(以上)の関節をまたぐ二関節筋であり、伸ばされる際に頑張ってその引っ張る力を維持しようと力を発揮してくれる筋肉です。二つの筋肉は股関節を(中心)軸にしてしっかりと伸びることで骨盤前傾維持が可能です。

この他、共働的に働く筋として脊柱起立筋・多裂筋が収縮し、腹直筋・大腿直筋等が屈曲することで骨盤前傾位が可能となります。

こうした筋肉の質を高める訓練をしないで単に骨盤の傾斜角を変えるだけでは、力のない弱々しい動きしか得られず飛距離も安定性も高まらないどころか、ケガのリスクが高まることも予測できるでしょう。

技術論だけでは無理!を知るべし

スムースなスイングと骨盤前傾位には深い関係があることを多くのプロや指導者達が説いていますが、技術の専門家では前傾位を維持してスイングできるような指導は行いません。なぜなら彼ら/彼女達は自らが骨盤前傾位を経験しているわけではないし、それを学んでいないからです。

骨盤前傾位でまともにスイングしようとすれば必ず骨盤前傾位維持のための訓練が必要となります。今まで経験したことのない身体の状態でスイングをするのですから身体がその状態に慣れる必要があるのは当然ですよね。

そこでアマチュアや愛好家がわずかの時間でできる股関節・骨盤・脊柱・胸郭・肩甲骨の動きを高める運動法を紹介します。パワーポジションといわれる身体操作法です。

スイング前のウォームアップや練習・試合後のクールダウンにも使えますので是非、試してください。後述する機能的骨盤前傾位にも繋がる基本的な動作ですが、体幹部の動きの活性化にはとても役立ちます。

さらに楽しく・面白い、そして動きが実感できるちょっとの工夫の身体操作ろんを試したい方はこちらまでお問合せください。ネットや現場でのパーソナル(個人レッスン)のご要望も承っております。

機能的骨盤前傾位の条件

骨盤前傾位によって以下の身体の変化が起こることが理想です。そしてこの身体変化は黒人アスリートに観られる機能的骨盤前傾位の条件です。因みに松山英樹選手のスイングには特にトップからアドレスでの切り替えしの際、この機能的骨盤前傾位が観られます。

ハムストリング大腰筋がしっかりピーンと張る状態

・腹直筋の縦(頭上)への伸び

・起立筋/多裂筋の縦方向の収縮

・股関節可動域の向上

・メリハリのある脊柱の“S”字カーブ

・腹横筋活性化による腹空圧向上

・上下左右への胸郭拡張

・肩甲骨の下方回旋と内転操作

・頭部/頸椎アライメント改善

機能的骨盤前傾位に関わる上記9項目の修正・改善を実践するメニューによりスイング操作に十分耐えられ、且つ飛距離と安定感をもたらすインパクト技術の向上を実現します。

あなたに合った機能的骨盤前傾位のメニュー作りや安定したスイング作りに役立つ身体操作ろんプログラムをオンラインまたは現場にて提供しています。詳細をご希望の場合はこちらまでお問合せください。

今迄の姿勢とは全く違うのですから何気にやろうとしても難しいでしょう。周到な動きの準備と十分な時間を要する地道な作業ですが、日々の継続によりその効果をしっかりとあなたの身体で体感できるはずです。

まとめ:アマお薦めの身体操作ろん

ゴルフのスイングを含めた運動は、体内を伝わるエネルギーのロスを如何に防いで対象物(クラブーボールetc.)に効率良く力を伝えるかが重要となります。

その際に必要なのが運動連鎖の仕組みであり、特に骨盤を中心としたスムースな回旋動作によって下は股関節、上は脊柱・胸郭・肩甲骨等の体幹部の大きな捻れを可能にし余力のある優雅なスイングを可能にします。

アマチュアや愛好者ではプロと違って技術以外の身体的要素を高める時間が中々持てませんが、ちょっとの工夫や僅かの時間で身体の動きを高める方法もあります。今回ご紹介するパワーポジションも短時間で股関節と体幹の協調した動きをイメージすることが可能です。

こうした身体操作法をプレーの空き時間やウォームアップ等で試すことであなた自身の動きが変わります。是非、積極的に取り入れてみましょう!

TM鈴木

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク