【目的】

シェアする

はじめまして!

私はkoko「ゴールド・スタンダード・プロジェクト(GSP)」管理人のTM(タイカン・マイスター)鈴木です。

私の詳しいプロフィールは「プロフィールサイト」をご覧ください。

プロフィール
TM(体幹マイスター)鈴木 ニックネーム:鈴木かっちも 出身地:千葉県 家族:妻・息子・娘・義母 学歴: 順天堂大学体育学部体育学科卒 順天...

当ブログの目的や役割を以下に示します。

当サイトの目的

image1:幼児期の運動が脳と体の発達を促す!

当サイトではプロ・アスレチックトレーナーであるTM鈴木が以下の方々を対象として、関連する様々な情報やトレーニング法を紹介しています。

①オリンピックメダリスト/スーパーアスリート育成のための体・動きづくり

②スーパーモデル育成のための体・動きづくり

③スーパー一般人になるための体・動きづくり

オリンピック金メダリスト・スーパーアスリートを目指す子供達やその両親、そして指導者、さらにスーパーモデルやスーパー一般人を対象に身体や動きの仕組みを楽しく学びながら、自分の思い通りに動く身体にするための意外と知らないレアな情報を紹介していきます。

ブログ内で画像や動画等を利用しながら、やってみると意外に楽しいし、気持ちいいっ!さらにチャレンジング(やり甲斐のある)なエクササイズや身体操作法を実践しています。

その名も!

意外と知らない『洗練された身体操作』のコツ!
SBMC as it act what you expect

『洗練された身体操作(ボディムーブメントコントロール)=自分の思い通りに動く身体』という意味で使っています。

【Sofisticated Body Movement Control:SBMC】と略します。

これなら君も「スーパーアスリート」になれる(かも)!

当サイトの役割

image2:腕で体を支えバランスをとるって意外に面白い!

【身体や動作の仕組み】を知らない人が読んでもわかる、それでいて案外興味を持てるという意味で[面白い]と思ってもらえるコンテンツ作りを目指しています。

目指せ!金メダリスト/スーパーアスリート

image3:手足を上手く連動させてサミット(頂上)を目指す!

どんなスポーツでもそうですが、一流を上回るにはそれなりの時間をそのスポーツに費やす必要があります。

今迄は“その時間”を技術練習ばかりに費やしてきましたが、昨今はそれに体作りが加わるようになりました。

上背や筋肉量に勝る海外のトップと互角以上に渡り合うには、『筋発揮能力を高めた上で動ける体』作りというゴールが日本のアスリートに確立されつつあります。

これとは別に幼児期にもこうした【ゴール】セッティングは必要になるとTM鈴木は考えています。

決して筋力トレーニング、いわゆる筋トレが幼児期や成長期に必要か?という議論ではありません(関連トピックは以下で扱っていますのでご覧ください)。

筋発揮能力が飛躍的にアップ【筋の動きを感じとる】コツに迫る~ウェイトを持たずとも筋肉を働かせる能力の実態とは?~
前々回のブログ でお伝えした内容をもう少し詳しくお伝えします。 子供の筋トレは、体作りやケガ予防としても大切ですが、それ...

体を様々な方法で動かすことで脳への有効な刺激となり、脳と末梢(ローカル)を繋ぐ、いわゆる運動神経が強固になることで、より一層の精神的・肉体的成長が望めるからです!

体・動きづくりを筋トレという狭い括りではなく、運動という大きなカテゴリーとして捉えれば、子供達に様々な動きを楽しく・興味を持って実践してもらってこそ競技に反映される運動能力の向上があるはずです。

TM鈴木は10年以上に及ぶ現場や独自の研究活動からご希望の方に関連するノウハウを提供したいと考えております。

ご興味ある方はこちらまでお知らせください!

地球で生活するなら常に影響を受ける!?

出典:https://goo.gl/p743bD

image4:重力に逆らうスーパー一般人は55歳!

人が最も影響を受けるもの、それは地球に生活する限り変わらない重力であり、我々は地球の中心に向かうこの引力と常に対峙しなければならないのです。

重力とはつまり、60kgの人であれば地球の中心に向かって60kg重の力で常に引っ張れていることを意味します。

若いうちは筋の発揮能力(伸びる→縮める)が高いために何もせずとも重力に抗って生活することが可能です。

しかし歳をとるにつれ、体重が増えたり逆に筋肉量が減ること等の体内変化によって重力に耐えることができなくなってきます。

こうなると筋肉・腱は元よりモロに影響を受けるのが関節であり、そのため腰痛や頸肩痛、膝や股関節に痛みが発生するのです。

どんなに優れたアスリートであれ、どんなに美しいプロポーションを持つスーパーモデルであれこの変化は多かれ少なかれ起こってきます。

だからこうした人達には引退、つまり競技やコンテスト(仕事)から退く時がくるわけです。

【スーパー一般人】であり続けたいなら・・・

image5:意外に面白く体に感ずる動きなら毎日継続も!

こうした重力の悪影響を極力受けず、自分の思い通りに動き続けられる人達をTM鈴木は「スーパー一般人」と呼んでいます。

先にあげた重力と加齢や体重増減、そして様々な環境変化により身体は徐々にその動きの精彩と洗練さを失っていきますが、スーパー一般人は日々の楽しく面白くもある独自の身体操作訓練により、そうした体や動きの急激な衰えを鈍化させているのです。

一般人を超えた体力・知力・行動力を持ち、日常生活に支障のない体で動きまわれるのはもちろんのこと、自然(海・山・川等)や運動能力の高みにチャレンジできることがスーパー一般人の特権です。

「スーパー一般人」であり続けるためには金メダリスト/スーパーアスリート、そしてスーパーモデルらと同様の思考が必要です!

「時間を費やせ」と言っているのではなく、常にチャレンジすることが大切なのです!

この「スーパー一般人」であり続けるためのノウハウをTM鈴木は提供しています。

なぜなら私、TM鈴木自身が「スーパー一般人」を目指しているから(^_^)

ご興味あるかたはこちらまでお知らせください!

非常識≒常識への思考

時には「非常識では!?」と思うような内容もあるかもしれません。

でも「常識」だけで世界を獲れる程、甘くはないことも事実ということをご理解いただければと思います。

過去に「正解」や「常識」とされた事実が現代では「間違い」や「非常識」となることは世の常です。

例えば多くの研究により「乳酸」は長らく筋疲労の主原因とされてきましたが、現代はその定説が覆されています。

実は活性酸素が増えて疲労を感じる物質が発生し脳にその信号が送られるというのが新説というように。

基本的にはお子さんが読んでもわかるような、あるいはご両親が当ブログを読んでお子さんに伝えられるような内容にしたいと考えています。

サイト立ち上げの経緯

image6:想い通りに動く体を目指して!

思い通りに身体が動けば競技スポーツでも日常生活でも楽しく充実したものになります。

そのために役立つ情報を提供することがTM鈴木の責任だと考えています。

こうした超レアで案外楽しい体の動かし方のコツをもっと多くの人に広めて欲しいとのご要望が多数あり、この程GSP『スーパーアスリート/金メダリスト育成プロジェクト』を立ち上げました。

遠方の方からもトレーニング指導のご依頼が多くありますが、中々対応ができない状況です。

しかしこれから当サイトを通じて、例えばスカイプを使ったオンライン・ワークアウト等も立ち上げる予定です。

GSP『ゴールド・スタンダード・プロジェクト』

管理人 TM鈴木

スポンサードリンク

シェアする

フォローする