「 スポーツ 」一覧

動きやすい体幹を感じる!バック・サイドムーブ横移動にチャレンジ~背中で歩く感覚+さらに骨盤前傾&脊柱アーチの巧妙な共演~

動きやすい体幹を感じる!バック・サイドムーブ横移動にチャレンジ~背中で歩く感覚+さらに骨盤前傾&脊柱アーチの巧妙な共演~

動きの分析を映像とブログ両面から紹介するシリーズ、第1回目は背中でヨガマット上を横移動する「バック・サイドムーブ/背中歩き」です。 手...

球のキレを可能にする指先のバネと脊柱のしなりを生む骨盤前傾~速いスイングからの指で弾く操作とバックスピンの関係~

球のキレを可能にする指先のバネと脊柱のしなりを生む骨盤前傾~速いスイングからの指で弾く操作とバックスピンの関係~

球のキレ(スピン量)は回転数という指標で示され、人差し指・中指のバネつまり指で弾く能力に比例します。 特に「伸びる・ホップする」等とも...

球数制限と高校球児の本質を問う!令和の怪物その投球メカニクス~佐々木朗希投手の無理のない動きとみずから判断できる環境~

球数制限と高校球児の本質を問う!令和の怪物その投球メカニクス~佐々木朗希投手の無理のない動きとみずから判断できる環境~

毎年この時期になると必ず起こる高校球児の球数問題、しかも進捗してるのは甲子園大会だけじゃなく地方大会にその眼が向けられたことです。 そ...

球のキレ3割アップ!コッキング片脚支持期での+5度骨盤前傾~しっかり振れる投球腕スイングに導く骨盤回転とその感覚~

球のキレ3割アップ!コッキング片脚支持期での+5度骨盤前傾~しっかり振れる投球腕スイングに導く骨盤回転とその感覚~

流れるようなフォームやスムースな投球腕のスイングに骨盤前傾や脊柱といった姿勢はどうかかわっているのでしょうか。 投球時に骨盤前傾を意識...

常識を超越する視点!金メダリスト育成に必要な考え方の基礎~愛娘を育てながら思う水中での動く楽しさ・面白さと先入観排除~

常識を超越する視点!金メダリスト育成に必要な考え方の基礎~愛娘を育てながら思う水中での動く楽しさ・面白さと先入観排除~

もっちは2028ロスアンジェルス・オリンピックで金メダルスイマーになる! プロ・トレーナーとして学んできた知識や現場経験より、非常識や...

初の56秒台は陸トレゆえ!アダム・ピーティ強靭な肉体と速さの秘密~秀逸なストロークーストリームラインーキックの切り替え~

初の56秒台は陸トレゆえ!アダム・ピーティ強靭な肉体と速さの秘密~秀逸なストロークーストリームラインーキックの切り替え~

2020年東京オリンピック前哨戦ともいえる戦い:世界水泳韓国光州2019大会が幕を開けました。 注目は平泳ぎで人間離れした異次元の速さ...

坂道ダッシュでグングンの加速感覚&走りが面白くなる骨盤グライド~走りを変える+5度骨盤前傾!同じ動きで異なる効果を体感~

坂道ダッシュでグングンの加速感覚&走りが面白くなる骨盤グライド~走りを変える+5度骨盤前傾!同じ動きで異なる効果を体感~

坂道ダッシュは動かし方の常識に捉われず視点を変えれば、疲れ半減でグングン前に進む感覚を生み出すゴールデン・メソッドです。 場合によって...

キック力3割アップ!水の怪物:フェルプス速さの秘密はうねる胸椎~脊柱ダイナミズムがムチの効果を高め爆発的キックを生む~

キック力3割アップ!水の怪物:フェルプス速さの秘密はうねる胸椎~脊柱ダイナミズムがムチの効果を高め爆発的キックを生む~

“水の怪物”といわれたマイケル・フェルプスの泳ぎの秘密を独自視点で紹介します。 彼の泳ぎっぷりは個人的にとても素敵だと思うし何よりあの...

球数制限/練習量問題は【世界初公開】マダックス思考で解決せよ~賢い投球術と練習量コントロールで肩・肘故障の考え方大改革~

球数制限/練習量問題は【世界初公開】マダックス思考で解決せよ~賢い投球術と練習量コントロールで肩・肘故障の考え方大改革~

球数制限問題は日本の多くのスポーツ現場でみられる練習量の多さ・時間の長さと深く関わっています。 スポーツ現場には質より量をこなす練習が...

報道が伝えきれない球数制限の本質:投げ過ぎの根底にあるものを問え~球数制限内や8割で抑える技術の確立を目指す思考改革~

報道が伝えきれない球数制限の本質:投げ過ぎの根底にあるものを問え~球数制限内や8割で抑える技術の確立を目指す思考改革~

「球数制限」という言葉が頻繁に使われその現状を取材したTV番組の内容は、今の風潮を反映しその有効性を説いているものでした。 しかし賛成...

かるのび・フレンズ募集中!
LINE@「かるのび・ライフ」はこちら!
友だち追加