「 投げる・投球 」一覧

胸郭コントロール実践テク!動きにくいを『動き“やすく”』~意識しにくいボディパーツの動きが競技力アップのカギ~

胸郭コントロール実践テク!動きにくいを『動き“やすく”』~意識しにくいボディパーツの動きが競技力アップのカギ~

日常はもちろんスポーツでもその動きを意識しずらい胸郭、もし動きやすくなれば競技力アップに大きく関係することは間違いありません。 胸郭の...

チャップマンとリトルの比較!人類最速を生み出す才能とは?~球速アップには体格要素が必須!大谷・佐々木の今後は?~

チャップマンとリトルの比較!人類最速を生み出す才能とは?~球速アップには体格要素が必須!大谷・佐々木の今後は?~

ピッチングとはただ球が速ければ良いというものではない。 しかし球が速いことはピッチャーにとって最大にして最高の潜在能力でもあり、野球に...

スイング上達のコツ!腰の回転で打つ!腰のキレを生む方法~ゴルフ・バッティングに最適な骨盤前傾コンディショニング~

スイング上達のコツ!腰の回転で打つ!腰のキレを生む方法~ゴルフ・バッティングに最適な骨盤前傾コンディショニング~

日本語にはスポーツ現場でも独特の言い回しがあるためそのままの意味で受け取るととんでもないことが多々起こります。 ゴルフスイング/バッテ...

【知る特】スイングで捻転差を生み出す骨盤前傾と脊柱しなり感覚~バッティング・ゴルフスイングに最適な捻り感を引き出す工夫~

【知る特】スイングで捻転差を生み出す骨盤前傾と脊柱しなり感覚~バッティング・ゴルフスイングに最適な捻り感を引き出す工夫~

捻転差とはスイングや投球動作における上半身と下半身のねじり(回転)差で、これが大きいと理に適った良い(!?)スイングと言われます。 し...

【リ・ブート】スランプ克服&アスリート人生を諦めようとする人へ~新たな視点とチャレンジで体に感ずる動きの感性を高めよう~

【リ・ブート】スランプ克服&アスリート人生を諦めようとする人へ~新たな視点とチャレンジで体に感ずる動きの感性を高めよう~

今までのアスリート人生で一度でも自分の体の観えない部分について考えたこと・意識したことってありますか? スランプ打開もままならずアスリ...

アスリートが持つべき骨盤・脊柱の動く感覚と日常動作への気配り~歩きと階段上りでハムストリングの伸びを生み出すセンス~

アスリートが持つべき骨盤・脊柱の動く感覚と日常動作への気配り~歩きと階段上りでハムストリングの伸びを生み出すセンス~

アスリートが当然持っておくべき感性(Sensitivity/Sense)について、『骨盤前傾マニア』の視点から解説します。 自分が取り...

最速169km/hを生む秘密!最大外旋位に観る手の向きの重要性~体全体を使って投げる!の常識を問い投球フォーム再考を~

最速169km/hを生む秘密!最大外旋位に観る手の向きの重要性~体全体を使って投げる!の常識を問い投球フォーム再考を~

そもそも日本人投手って理に適った投げ方をしているのでしょうか?本当に体全体を使って投げているのか?という疑念が湧きあがってきました。 ...

今が絶好のチャンス!動きをコントロールする+5度骨盤前傾力~ただ動けるのではなく思い通りに動かせる体作りにフォーカス~

今が絶好のチャンス!動きをコントロールする+5度骨盤前傾力~ただ動けるのではなく思い通りに動かせる体作りにフォーカス~

動きを意のままにコントロールするには骨盤前傾は必須ですが、残念ながらアスリートや指導者にその真意ほとんど伝わっていません。 思い通りに...

伸びれば動く!+5度骨盤前傾を利用した“絶頂背伸び”と競技力~ツブツブfitを“のりこなす”と確実に高まる体幹の動き~

伸びれば動く!+5度骨盤前傾を利用した“絶頂背伸び”と競技力~ツブツブfitを“のりこなす”と確実に高まる体幹の動き~

体を伸ばすことは肉体的・精神的に良いとわかっていても、体幹の伸び感と競技能力との深い関係を知る人はほとんどいません。 思い通りに動く体...

球のキレを可能にする指先のバネと脊柱のしなりを生む骨盤前傾~速いスイングからの指で弾く操作とバックスピンの関係~

球のキレを可能にする指先のバネと脊柱のしなりを生む骨盤前傾~速いスイングからの指で弾く操作とバックスピンの関係~

球のキレ(スピン量)は回転数という指標で示され、人差し指・中指のバネつまり指で弾く能力に比例します。 特に「伸びる・ホップする」等とも...

かるのび・フレンズ募集中!
LINE@「かるのび・ライフ」はこちら!
友だち追加