「 MLB 」一覧

球速・回転数アップのための機能的骨盤前傾位:FAPTAにフォーカス~ただし骨盤周囲筋群がしっかり機能する必要あり~

球速・回転数アップのための機能的骨盤前傾位:FAPTAにフォーカス~ただし骨盤周囲筋群がしっかり機能する必要あり~

投げる技術もさることながら、ピッチャーの球速をあげるには体の操作性(扱いやすさ)を高めることが重要です。 思い通りの動きとのギャップが...

投球時の肘外反ストレスを軽減:ケガを回避する投げ方~投手:大谷翔平のピッチングスタイルを検証してわかる驚愕の事実~

投球時の肘外反ストレスを軽減:ケガを回避する投げ方~投手:大谷翔平のピッチングスタイルを検証してわかる驚愕の事実~

日本から移籍する投手のほとんどが当該シーズンまたは数年以内に肘(肩)のケガを負い、戦列を離れる(DL)という事実をご存知だろうか? 中...

「最近の若い子は走らないから・・・」張本さんの意見に喝っ!走ることの“意味合い”を再検証するとわかる大切なこと~

「最近の若い子は走らないから・・・」張本さんの意見に喝っ!走ることの“意味合い”を再検証するとわかる大切なこと~

いつの世にもそしてどこにも口うるさい親父(オヤジ)は存在しますが、野球評論家の張本勲さんはその筆頭格ではないでしょうか。 ついつい言い...

カラダ感覚の探究者たれ!イチロー“生涯”現役には意味がある~引退は“手段”を変えるだけ!本質は変わらず毎日が挑戦~

カラダ感覚の探究者たれ!イチロー“生涯”現役には意味がある~引退は“手段”を変えるだけ!本質は変わらず毎日が挑戦~

2018年5月4日、MLBから衝撃的なニュースが飛び込んできました!イチロー選手(シアトル・マリナーズ)の会長付特別アドバイザー就任と今季試...

【Focus on!】着実に発揮しつつあるその実力の裏側に迫る~MLB大谷翔平:そのプレーに至るプロセスの進み方~

【Focus on!】着実に発揮しつつあるその実力の裏側に迫る~MLB大谷翔平:そのプレーに至るプロセスの進み方~

個人的には久々に「超ワクワク」なシーズンを迎えている!いちファンとして純粋にそう思ってしまう・・・、それが今シーズンのMLBなのです。 ...

球速を左右する年齢と体型変化:思考とその取り組み方を再考~動きに必要な2つの《しなり》を生み出すカラダ感覚を磨く~

球速を左右する年齢と体型変化:思考とその取り組み方を再考~動きに必要な2つの《しなり》を生み出すカラダ感覚を磨く~

「なぜピッチャーは年齢と共に球速が落ちたり、肩や肘を痛めるのでしょうか?」という疑問に対しあなたはどういう答えをだしますか? メディア...

【両刃の剣】打者の目を射る武器を操ってこそのプロアスリート~誰も真似できない腕振りと唯一無二のスライダーを持つ男~

【両刃の剣】打者の目を射る武器を操ってこそのプロアスリート~誰も真似できない腕振りと唯一無二のスライダーを持つ男~

「プロ野球の歴史で最も“凄い”スライダーの使い手はだれか?」といった問いかけは基本的には意味がないと考えています。 TPOが違うのです...

野球肘のリスクを減らす【新提案】筋腱移行部への圧刺激を体感~スポーツ界で常識【伸ばす】+『緩める・解す』の重要性~

野球肘のリスクを減らす【新提案】筋腱移行部への圧刺激を体感~スポーツ界で常識【伸ばす】+『緩める・解す』の重要性~

野球肘、肘の怪我はMLB選手から少年までどのレベルでも起こりうる問題です。 肘の故障には球数制限や投球間隔(中4日~6日等)、そして硬...

マー君がピリッとしない理由を骨盤動作的視点で考える~エース復活には骨盤前傾の再調整で鈍い腕振りの改善が必須~

マー君がピリッとしない理由を骨盤動作的視点で考える~エース復活には骨盤前傾の再調整で鈍い腕振りの改善が必須~

2017シーズンも6月に突入したMLB、各チームの戦力もどうやらまとまりチーム成績に反映されて地区の優勝候補が自力を発揮してくる時期になりま...

スポンサードリンク