「 bodysense 」一覧

黒人アスリートの運動性能を球技面技能から科学する:フェイダウェイ~NBAのトップスター達の動きの特徴にフォーカス~

黒人アスリートの運動性能を球技面技能から科学する:フェイダウェイ~NBAのトップスター達の動きの特徴にフォーカス~

黒人アスリートの運動能力についてクライアントと話したときの意見「なんであんなに運動能力が高いのかしら?単なる運動神経というのではないような気...

【運動性能】アップに貢献!重心位置とその変化を捉える能力~足裏のどこに荷重すればいいかを知ればFCDが身に付く~

【運動性能】アップに貢献!重心位置とその変化を捉える能力~足裏のどこに荷重すればいいかを知ればFCDが身に付く~

重心(COG:Center of Gravityとは「重さ(質量)の中心であり・・・」等という難しい話をするつもりはありません。 重心...

球圧をコントロール~セルフ・ボディコンディショニング革命~木の温もりを感じる6個の凸(突起)を上手に使いこなす術

球圧をコントロール~セルフ・ボディコンディショニング革命~木の温もりを感じる6個の凸(突起)を上手に使いこなす術

こんにちわ! 【ツブツブ】を通して『思い通りに動けるカラダへ!』その《楽しさ・面白さ・気持ちよさ》を世界に伝えるプロ・アスレチックトレーナ...

特定球種SFFだけが肘の故障に繋がるの?独自視点で考察~「投げる」行為そのものに大きな負荷が加わる事実を知るべし~

特定球種SFFだけが肘の故障に繋がるの?独自視点で考察~「投げる」行為そのものに大きな負荷が加わる事実を知るべし~

大谷翔平選手がロスアンジェルス・エンジェルス(LAA)に加入しセンセーショナルな盛り上がりを見せているMLB、二刀流としての活躍は海の向こう...

動かしやすくなるこの時期『伸ばして~!』要求を見逃すな!~伸ばしづらく硬くなりやすいハムストリングの特性に迫る~

動かしやすくなるこの時期『伸ばして~!』要求を見逃すな!~伸ばしづらく硬くなりやすいハムストリングの特性に迫る~

ハムストリングストレッチは辛いし痛いし苦しいので、体が硬い人はもちろん、そうでない人もそれなりに敬遠しがちな運動かもしれません。 体の...

走ると膝外側が痛い!膝から下のみを動かす膝下走りとの関係は?~腸脛靭帯炎:その硬く強力な構造ゆえのストレスを探る~

走ると膝外側が痛い!膝から下のみを動かす膝下走りとの関係は?~腸脛靭帯炎:その硬く強力な構造ゆえのストレスを探る~

『おじさん達はコリ症で一度のめり込むと“引く”ことを知らない!』とは、クライアントである〇○様のご意見。 実際痛くても「せっかく練習し...

ランニングの極意!前にグイグイ進む走りにフォーカス~ハムストリングの働きを高める方法以外に推進力アップは望めない~

ランニングの極意!前にグイグイ進む走りにフォーカス~ハムストリングの働きを高める方法以外に推進力アップは望めない~

短距離・長距離を含む[走り]の推進力の源はどこか?と聞かれれば迷いなくハムストリング(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)と答えるだろう。 ...

体を前に傾けて走る黒人ランナーvs上に跳ねる日本人ランナー~その推進力に大きな差が生まれる理由(わけ)を考える~

体を前に傾けて走る黒人ランナーvs上に跳ねる日本人ランナー~その推進力に大きな差が生まれる理由(わけ)を考える~

先日の東京マラソン2018で設楽悠太(26:HONDA)が日本人最高記録を16年振りに更新した。 2020東京を前に日本記録が塗り替え...

ストレッチング&トレーニングは“まず”《感じる》こと!~ボディ・センス重視なら伸ばすこと/効かせることは二の次で~

ストレッチング&トレーニングは“まず”《感じる》こと!~ボディ・センス重視なら伸ばすこと/効かせることは二の次で~

「ストレッチングのコツってなんですか?」等とちょっと予想だにしない質問を受けたりする時、TM鈴木はこんな風に応えています。 「ストレッ...

大腿四頭筋は走るときブレーキになる!?の理由(わけ)を検証する

大腿四頭筋は走るときブレーキになる!?の理由(わけ)を検証する

ITや科学技術と同様、トレーニングやエクササイズの世界も日進月歩です。 つい最近まで健康・フィットネスの【常識】だった考え方が新たな研...

スポンサードリンク