「 黒人アスリート 」一覧

子供にも“ワークアウト”が必要な理由(わけ)を考える~偏る動きをなくし体をまんべんなく動かす習慣付けにフォーカス~

子供にも“ワークアウト”が必要な理由(わけ)を考える~偏る動きをなくし体をまんべんなく動かす習慣付けにフォーカス~

日本風に言えば「トレーニング」とよばれる“ワークアウト”、実はスポーツをする子供にとってきっても切り離せない要素があることを知る人は多くあり...

投球時の肘外反ストレスを軽減:ケガを回避する投げ方~投手:大谷翔平のピッチングスタイルを検証してわかる驚愕の事実~

投球時の肘外反ストレスを軽減:ケガを回避する投げ方~投手:大谷翔平のピッチングスタイルを検証してわかる驚愕の事実~

日本から移籍する投手のほとんどが当該シーズンまたは数年以内に肘(肩)のケガを負い、戦列を離れる(DL)という事実をご存知だろうか? 中...

スーパーアスリート達の骨盤はどうなっているのか?を検証する~パフォーマンスと体の仕組みが相互に関連するという事実~

スーパーアスリート達の骨盤はどうなっているのか?を検証する~パフォーマンスと体の仕組みが相互に関連するという事実~

自身がおススメする【機能的】骨盤前傾位(FAPTA)について、世界で戦うアスリート達の体は果してどうなっているのか?というご質問をいただきま...

黒人アスリート&骨盤前傾:簡単には身に付かないことを知るべし~着実な知識の蓄積と失敗も含む実践を超えるものはなし~

黒人アスリート&骨盤前傾:簡単には身に付かないことを知るべし~着実な知識の蓄積と失敗も含む実践を超えるものはなし~

「黒人のような骨盤前傾を手に入れるトレーニングを教えてください!」という質問をよく受けるようになりました。 専門的なトレーニングをすれ...

黒人アスリートの運動性能を球技面技能から科学する:フェイダウェイ~NBAのトップスター達の動きの特徴にフォーカス~

黒人アスリートの運動性能を球技面技能から科学する:フェイダウェイ~NBAのトップスター達の動きの特徴にフォーカス~

黒人アスリートの運動能力についてクライアントと話したときの意見「なんであんなに運動能力が高いのかしら?単なる運動神経というのではないような気...

球圧をコントロール~セルフ・ボディコンディショニング革命~木の温もりを感じる6個の凸(突起)を上手に使いこなす術

球圧をコントロール~セルフ・ボディコンディショニング革命~木の温もりを感じる6個の凸(突起)を上手に使いこなす術

こんにちわ! 【ツブツブ】を通して『思い通りに動けるカラダへ!』その《楽しさ・面白さ・気持ちよさ》を世界に伝えるプロ・アスレチックトレーナ...

特定球種SFFだけが肘の故障に繋がるの?独自視点で考察~「投げる」行為そのものに大きな負荷が加わる事実を知るべし~

特定球種SFFだけが肘の故障に繋がるの?独自視点で考察~「投げる」行為そのものに大きな負荷が加わる事実を知るべし~

大谷翔平選手がロスアンジェルス・エンジェルス(LAA)に加入しセンセーショナルな盛り上がりを見せているMLB、二刀流としての活躍は海の向こう...

ランニングの極意!前にグイグイ進む走りにフォーカス~ハムストリングの働きを高める方法以外に推進力アップは望めない~

ランニングの極意!前にグイグイ進む走りにフォーカス~ハムストリングの働きを高める方法以外に推進力アップは望めない~

短距離・長距離を含む[走り]の推進力の源はどこか?と聞かれれば、迷いなくハムストリング(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)と答えるだろう。 ...

体を前に傾けて走る黒人ランナーvs上に跳ねる日本人ランナー~その推進力に大きな差が生まれる理由(わけ)を考える~

体を前に傾けて走る黒人ランナーvs上に跳ねる日本人ランナー~その推進力に大きな差が生まれる理由(わけ)を考える~

先日の東京マラソン2018で設楽悠太(26:HONDA)が日本人最高記録を16年振りに更新した。 2020東京を前に日本記録が塗り替え...

シューズ性能に特化したフォアフット走法移行には限界あり!?~運動性能を高める訓練なしにフォーム改造はありえない~

シューズ性能に特化したフォアフット走法移行には限界あり!?~運動性能を高める訓練なしにフォーム改造はありえない~

第94回箱根駅伝(2018)は混戦を予想したメディアの論調とは異なり、地力の青学が総合優勝(往路2位・復路1位:10時間57分39秒/大会新...

スポンサードリンク