「 勝つ思考 」一覧

投手が肩・肘をケガしたら早めに手術!が最高選択のわけ~滅多にない好機を逃さず最良の精神状態を作り出す休息のススメ~

投手が肩・肘をケガしたら早めに手術!が最高選択のわけ~滅多にない好機を逃さず最良の精神状態を作り出す休息のススメ~

大谷翔平選手(LAA)の右ひじ手術がいよいよ現実味を帯びてきました(日本時間2018/09/12時点)。 当人はシーズン終了後に最終決...

甲子園投げ過ぎ問題:投球数が意味をなさない理由(わけ)~肩・肘を壊す前提で心と体を準備する考え方にフォーカス~

甲子園投げ過ぎ問題:投球数が意味をなさない理由(わけ)~肩・肘を壊す前提で心と体を準備する考え方にフォーカス~

夏になると必ずといっていい程噴出する甲子園の投手投げ過ぎ問題、プロ・アスレチック・トレーナーとしては思うところがあります。 春・夏の高...

無駄を省く思考:使えるワークアウト/使えないトレーニングの真実~特定の筋肉は縮めるより『伸ばす』に注目すべき理由

無駄を省く思考:使えるワークアウト/使えないトレーニングの真実~特定の筋肉は縮めるより『伸ばす』に注目すべき理由

“使える”(=確実に効果をだす)ワークアウトと、使えないトレーニングがあることを知ると、みずからを高める目標設定が具体化します。 ワー...

速く泳げる動きの妙!スーパースイマー:ケイティ・レデッキー~水の抵抗を極限に抑える体と腕と脚のコーディネーション~

速く泳げる動きの妙!スーパースイマー:ケイティ・レデッキー~水の抵抗を極限に抑える体と腕と脚のコーディネーション~

活況を呈した「パンパシ水泳2018」日本は女子期待の池江・大橋両選手が得意種目で見事に金メダル、男子も渡辺一平選手が200m平泳ぎで金メダル...

球速・回転数アップのための機能的骨盤前傾位:FAPTAにフォーカス~ただし骨盤周囲筋群がしっかり機能する必要あり~

球速・回転数アップのための機能的骨盤前傾位:FAPTAにフォーカス~ただし骨盤周囲筋群がしっかり機能する必要あり~

投げる技術もさることながら、ピッチャーの球速をあげるには体の操作性(扱いやすさ)を高めることが重要です。 思い通りの動きとのギャップが...

今問われる!?日本人のメンタリティ:サラリーワーカー的思考に迫る!何があろうとゆずれない:それが目標達成の原動力!

今問われる!?日本人のメンタリティ:サラリーワーカー的思考に迫る!何があろうとゆずれない:それが目標達成の原動力!

サッカー日本代表はワールドカップロシア®大会において世界ランク3位:ベルギーの前に敗退、やはり3度目も決勝トーナメント1回戦の壁は越えられな...

トレーニングにもある常識の壁「○○せねばならない」とは?~「他者依存」を排除し動きそのものを楽しむ感覚を創造せよ~

トレーニングにもある常識の壁「○○せねばならない」とは?~「他者依存」を排除し動きそのものを楽しむ感覚を創造せよ~

アスリートのパフォーマンスアップ・健康増進・シェイプアップ・ダイエット等に立ちはだかる壁が「常識の壁」です。 例えば「速く走るには○○...

力感&ダイナミズム!投球フォームにおける“捻じり”を考える~ボウリング:その技術の根底にある体作りの思考に迫る~

力感&ダイナミズム!投球フォームにおける“捻じり”を考える~ボウリング:その技術の根底にある体作りの思考に迫る~

ボウリングに関わってはや1年、アンテナを立てておけばそれなりに情報が入ってくるものだなぁとつくづく感じます。 なにより、関わったプロ選...

子供にも“ワークアウト”が必要な理由(わけ)を考える~偏る動きをなくし体をまんべんなく動かす習慣付けにフォーカス~

子供にも“ワークアウト”が必要な理由(わけ)を考える~偏る動きをなくし体をまんべんなく動かす習慣付けにフォーカス~

日本風に言えば「トレーニング」とよばれる“ワークアウト”、実はスポーツをする子供にとってきっても切り離せない要素があることを知る人は多くあり...

【機能的】骨盤前傾位で走りが速くなる着地感覚を身に付ける~ランディングでランニングの感性を高めるコツにフォーカス~

【機能的】骨盤前傾位で走りが速くなる着地感覚を身に付ける~ランディングでランニングの感性を高めるコツにフォーカス~

走りの話をするときに「着地が大事!」というと、だいたいの人達の頭には「?」マークが3つくらい浮かぶようです。 例えば100mでいうと、...

スポンサードリンク