今が絶好のチャンス!動きをコントロールする+5度骨盤前傾力~ただ動けるのではなく思い通りに動かせる体作りにフォーカス~

シェアする

動きを意のままにコントロールするには骨盤前傾は必須ですが、残念ながらアスリートや指導者にその真意ほとんど伝わっていません。

思い通りに動く/動けるためには前傾する能力をどういった動きの局面でどのように発揮すればいいのでしょう?

今回は[動きをコントロールする]ことの重要性について、骨盤前傾力という視点から具体的なトレーニングでの動作ポイントを紹介します。

当ブログを読めば、なぜ骨盤前傾理論が競技力アップに役立つのか!が理解できるはず!

かるのび・フレンズ募集中!
LINE@「かるのび・ライフ」はこちら!
友だち追加

動きをコントロールするには

骨盤前傾が脳内にイメージできない例:体の機能を半分使えないのと同等

ずばり!「体/動きをコントロールする」には、骨盤を今より+5度前傾させて動かせる骨盤前傾(能)が必要なのです。

前傾させた状態で動かす習慣をつけるだけで今あなたが望む「思い通りに動ける体」へ向かうことは十分可能です。

パワークリーンというバーベルを扱う動作について骨盤前傾の具体例を示しましょう。

引き上げ⇒引き込みのコントロール

ハイクリーンとも呼ばれウエイトを引き上げならが瞬時にバーの下に体を引き込む動作で、特に瞬発力・ジャンプ力等に効くパワー系トレーニングです。

実は『かるのび~kaRuNobi~』の考え方だと、このハイクリーンではフォーカスポイントが少々異なります。

骨盤が中間位~後傾気味の状態を疑問視しないことが問題

コントロールできていない動き/理想的でない姿勢として取り上げますが、観ればわかる通り明らかに骨盤前傾が効かず、むしろ中間位~後傾気味です。

この場合骨盤前傾について全く無知なこと、そして扱うウエイトが重すぎて前傾を生み出せていないことが大きな問題です。

この動作姿勢は『かるのび~kaRuNobi~』理論的には全く受け入れられません。

見た目でのある/なしの確定はできないものの、腹空圧を高める腹横筋以外、運動能力を高める機能が高まらないでしょう。

体を支えるための脊柱・下背部・深部やハムの働きが不確定で、これではバーベルの下に体を素早く潜り込ませて荷重を集約し受け止める動きにはつながりません。

この瞬間の荷重を受け止める動作姿勢は骨盤前傾が最適

骨盤前傾」の引出しをつくる

かるのび~kaRuNobi~』では本来ならスポーツ動作はもちろん、日常の些細な動きでも+5度骨盤前傾を基準とする体幹の感覚が必要なのです。

その感覚よって腹空圧はもとよりハムストリング・下背部・臀筋群や股関節への適切な荷重が、動きをコントロールする意識づけを一層高めることから利用しない手はありません。

前傾の骨格特性を持つ黒人はウエイトの扱い方も上手

上のイメージでは下半分が観えませんが、相当量のウエイトを腹空圧・下背部・臀部・ハムストリングで支持しながら動くには十分な骨盤前傾を維持しているといえるでしょう。

日本人も黒人アスリートの上手な動きを是非参考にすべきですが、いかんせん指導者にその(骨盤前傾する)経験がなく、選手との情報シェアや実践ができないのです。

自在な身体操作を身に付けるには『かるのび~kaRuNobi~』理論を含む骨盤前傾+5度でのクリーンにチャレンジすることは必須です。

まずは日々の動きで『かるのび~kaRuNobi~』を体感し続け脳内に骨盤前傾の引出しを作ることが優先事項でしょう。

骨盤前傾の動きを引き出せるのか?

骨盤前傾が動きのコントロールを引き出す

賢明な読者なら既にお気づきでしょうが、動きをコントロールする源は骨盤前傾(操作)以外にはありえません。

骨盤が前傾することで股関節の荷重割合・脊柱の伸び具合・胸郭/肩甲骨・腕や脚の動きで従来のトレーニングでは得られない鋭い感覚が身に付いていきます。

基本姿勢や動きでこそ骨盤前傾へ

動作は体の状態を表す!

もし望み通りの姿勢や動きができないのであれば、それは体のコントロールが効かないことを意味します。

思い通りに動く体は①~④のどれ?

イメージ①②③と④に大きな動きの違いがでることは誰の目にも明らかでしょう。骨盤が思い通りに動けば脊柱も反らす(伸ばす)/縮めるは自在にできます。

①②③がなぜ思い通りに動かない体なのか!それは動く際の体・骨盤(前傾)コントロールが全く効いていないことに他なりません。

①②③共に腰付近がかなり曲がるのは腿裏筋が十分に伸びず、ハムストリングー臀筋群ー下背部といった裏側筋群の十分な働き(連動性)が阻害されるからです。

股関節屈曲を伴うこの姿勢は腹空圧がほとんど効かないため腰背部痛リスクに晒され、股関節に“のる”感覚も全く高まらないことから、競技力アップでのマイナス要素は否めません!

克服すべき選手の苦手意識

日本人は骨盤の傾斜角を気に掛けることは全くありません!それはトップレベルであれ、ジュニアや子供であれ、そして選手・指導者であれ変わることはありません。

骨盤を前傾にしたまま動けるトレーニング法はTM鈴木が既に確立しているものの、現状それをを採用することはありません!

そこに飛躍できる可能性が眠っているにも関わらず、骨盤前傾の優位性に目を向けない(むけられない)現場には未来があるとは思えません!

トップレベルでも骨盤前傾を気に掛けるアスリートは皆無

トレーニング目的が違うのを承知であえていえばウエイトを挙げることに視点がいき、従来の骨盤前傾さえ維持できない!これでは安定性・機動性を生む機能が使われないのは当然です。

能力を超える重量・扱えない手法が従来の骨盤前傾をも失うことに・・・

誰もやらないからこそのチャンス

普段のトレーニングで骨盤前傾を維持できない日本人の運動能力は今後急激な伸びを示すことはないでしょう。

特に速さ・パワー系といった黒人アスリートの独壇場に分け入ることは望み薄・期待薄と考えるのが妥当です。

こうした動きひとつひとつに骨盤前傾力が必須

トップアスリートが無駄なトレーニングに時間を費やしている間に、+5度骨盤前傾今から慣れ親しんでおくことは5年先の競技力最大アップを見据えた最善の行動計画なのです。

ジュニアや幼少期の骨盤が自在に動く可能性を秘めた時期から『かるのび~kaRuNobi~』の考え方と骨盤前傾力を身に付けておくことを是非おすすめします!

将来世界と戦うトップアスリートを目指す子供達、世界的スポーツ選手へ夢を親子で分かち合おうとするお母さん・お父さんへ伝えておきます!

「自分の体を思い通りに動かせる」その知識・技術を得る機会はそうはありません!だからこそ是非!このチャンスを逃さないでくださいね。

動きをコントロールする:まとめ

骨盤・脊柱といった体幹が脚・腕と連動することで動きの可能性が高まる

▼ジュニア期から+5度骨盤前傾力を体感し身に付けていけば、5年・10年後は確実に思い通りに体が動くようになる!

▼日常を含む様々なポーズ・姿勢・動きで骨盤前傾にできることが、みずからのイメージで動きをコントロールできる秘訣

▼トップアスリートが未だ見い出せない骨盤前傾力の優位性を、今なら十分に身に付けられる環境がある!チャレンジしない手はないだろう

TM鈴木

かるのび・フレンズ募集中!
LINE@「かるのび・ライフ」はこちら!
友だち追加