お尻筋の【引き締め】にフォーカスvs「鍛える」からの脱却~「大きくする」から【機能する】を意識した美~ライン作り~

シェアする

体全体をシェイプしたい!から部位別に○○してください!等、クライアントの要望は多岐にわたります!

中でもウェストからお尻ラインのメリハリにフォーカスしたい!というご要望は、特に多くの女性が抱く課題でもあります。

歳を重ねる毎にウエスト~ヒップラインは乱れやすく、この部分を改善したいと思う女性がほとんどではないでしょうか。

そうしたご意見に対し今回は、臀筋群について「鍛える」ではなく、【引き締める】にフォーカスした考え方をご紹介します。

目的や方向性と共に、ワークアウト・テクニックに対する考え方も結果を出すためには重要なエッセンスとなることを、理解いただければ嬉しいです(^_^)

スポンサードリンク

「鍛える」のではなく【引き締める】

image1:

重りを持ち上げるだけがトレーニングじゃない!

ありがちなケースですが、「鍛える」と【引き締める】はイコール[=]ではありません。

似て非なるこの言葉はなぜか現代のワークアウト環境において誤解されやすいのです。

ではなぜそうした考え方になってしまうのか・・・、その真意を探ってみましょう!

お尻は鍛えると大きくなる!?

image2:

ボリュームはあるが果して・・・

臀筋群が鍛えると大きくなることを知る人はほとんどいません(トレーニングするので大きくなるのは当たり前ですが「必要としない程」、という意味で)。

骨盤は体を支えるための強靭な土台であり、それを後方ぐるりと取り囲んでいるお尻の筋肉(特に大臀筋)は鍛えることで分厚くなってしまうのは必然といえます。

昨今のトレーニングは、美容目的と称してこの大臀筋を鍛えることに編重しがちで(もちろんそれも大切なのですけれど・・・)、本質にはフォーカスしていません。

なぜかと言えば「鍛える」ことと【引き締める】ことが同じ意味として捉えられているという現状があるからです。

例えばお尻の筋肉を鍛えましょう!という指導側からのリクエストがあるとします。

それは多くの場合、筋トレとしてバーベルや専用マシン等の“ウェイト(重り)”を使った方法に特化して行うということを意味します。

鍛えるより大事!【引き締める】思考

image3:

引き締めるにはどうすれば?

そこで重要になるのがこの【引き締め】に対する考え方です。

なぜなら【引き締め】には「鍛える」という目的と違い、ウエイト(重り)を用いる行為に偏らないからです。

お尻を【引き締め】たいなら、自重(あなたの体重)を利用した抵抗運動の方が、ウエイトを利用するより遥かに効果的な結果をもたらすことが可能でしょう。

さらに抵抗を強めたいと思えば、ボディポジションや動く角度・方向、そして腕や体の位置を変えたり、強弱のあるチューブ等を利用すれば効果はさらに高まるはずです。

【引き締め】るの最大のポイントは外側にある大臀筋を鍛えるのではなく、内側にある中臀筋・小殿筋、外旋六筋、そして腹横筋・多裂筋等、より脊柱や骨盤近くに位置する深部筋群への刺激が重視されることです。

体の奥がより動いている!ことを体感しやすく、それだけ体感覚を敏感にすることが可能なのです。

ORGNL引き締めテクニック

image4:

骨盤下の骨の出っ張りが坐骨

体には様々なボニーランドマーク(BL:Bonny Landmark)という骨の出っ張りポイントがあります。

一般的に筋肉と呼ばれる骨格筋(の両端に位置する腱)の付きどころがこのボニーランドマークで、筋肉の動きを理解する上で欠かせないポイントです。

坐骨を感じるか?

image5:

座った時坐骨を意識できるか!

お尻を引き締めたい(小さくしたいというと誤解があるが・・・(^_^;)、というなら、坐骨がしっかりと頭に入っていることが大切なのです。

普段から坐骨を “感じられる” なら、それだけで動いているときの【引き締め】効果は高まります。

坐骨とは硬い床に体育座りしたりイスに座ったりするときに、お尻の左右に体重をかけると「ゴリゴリ」とするあの部分です。

坐骨はもも裏筋であるハムストリングの付きどころにあたり、その付近が「ピーン」と張っている・伸びるといった感覚があれば、その上にあるお尻筋のヒップアップ効果が一層高まります。

座っているときに坐骨のゴリゴリを感じたり、普段から坐骨を無意識に触っていたりすればその辺りの感覚は敏感になり、動きなどでより意識しやすくなるでしょう。

機能美を高める!

image6:

自重を上手く利用した美尻づくり

坐骨が “感じない” と(わからないと)いうことは、付着するハムストリング端の伸びや力の加わり方、さらにお尻筋の動きもわかりません(汗)。

例えばお尻を【引き締めたい】のであれば、まずはこうしたボニーランドマークが頭に入っていること(感じること)が、最大の効果を生む要素なのです。

ところが昨今のジムやトレーナーサービスは、どうしても「(お尻の筋肉が大切だから)お尻の筋肉を鍛えましょう!お尻に筋肉をつけましょう!」といった指導に陥りやすい傾向があります。

いわゆる筋トレを重視するあまり、こうした骨の(出っ張り)ランドマークを意識した動きが身に付かないのはもちろん、お尻のボリュームを大きくする傾向が強くなり、機能美といった点でマイナスと言わざるを得ません。

わざわざ大層な重りを使用してお尻を “鍛えず” ともあなた自身の体重を上手に利用したり、抵抗を加えるだけで十分な体重支持機能の向上、そして綺麗なウエスト~ヒップの“美~ナスライン”に絶大な効果があることを知っておくべきでしょう。

機能美に溢れた美尻をつくる中・小臀筋コンディショニング~【ツブツブ】にお尻をあて圧をかけるいた気持ちよさを体感~
人の臀部は身体の動きをコントロールするため、過大なストレスがかかり、特に中(小)臀筋には「凝り・張り」といった症状が頻繁に出現します。 ...

敏感ポイントを増やす工夫

体の各所にあるボニーランドマークがしっかりと頭に入っていること!つまりローカル(お尻)と脳が結びついてはじめて、「〇○を意識しよう!」という指導者側の要求を体で理解できるわけです。

その知識や経験等の感覚が情報として脳の引出しに入ることで、必要な(引き出したい)ときにはその引出しを開けてその情報を開くようにすることができます。

そうした脳⇔ローカルのシステムができてはじめて、「〇○を意識しましょう!」とか「よし意識できる!」というレベルになります。

ヒップアップやウェスト~ヒップラインの《美~ナス・ライン》を作りたいなら、まずは坐骨の位置やどう動くのか?の体感することが最もやるべきことなのです。

そしてPSIS(骨盤の後方にある別のボニーランドマーク)やハムストリングがどう動くのか等の関連する知識を体で理解することです。

坐骨の位置や動きをクライアントが理解できるように指導すること、それがTM鈴木が目指すオリジナルの《お尻筋引き締め》テクニックです。

まとめ

image7:

フォーカスすべきは中臀筋なのに・・・

お尻筋のオリジナル【引き締め】テクニックをご紹介するにあたり、その考え方と「鍛える」ことの誤解について迫ってみました。

臀筋群、特に大臀筋は比較的発達させやすい筋肉で、ウェイトを重視したトレーニングの場合、慎重に取り組むべきでしょう。

「鍛える」ことと【引き締める】ことをイコール(=)と考えた場合、機能性でマイナスになりがちです。

体には各所にボニーランドマークがあり、そのポイントを意識できるようなワークアウトを選択し体を敏感にしていくことが【引き締め】効果を最大限に高めます。

こうしたTM鈴木オリジナル【引き締め】メソッドを体感したいあなた、こちらまでお知らせください!(^^)!

TM鈴木

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク