黒人アスリート&骨盤前傾:簡単には身に付かないことを知るべし~着実な知識の蓄積と失敗も含む実践を超えるものはなし~

シェアする

「黒人や欧米人のような骨盤前傾を手に入れるトレーニングを教えてください」という質問をよく受けます。

専門的トレーニングをすれば骨盤前傾が手に入るかといえばそれ程うまくいくことはほとんどなく、関連する知識の積み上げや様々な実践によってその可能性が高まる!というのが正直なところです。

生まれ持った体の質やその機能を変えるということは並大抵のことではなく、指示されたメニューをこなすだけでは目標は到達できないでしょう。

なぜ「骨盤前傾は一日にして成らず!」なのか?関連するボディワークやポーズを十数年実践したことで得られた知見を紹介してみます。

世間では骨盤前傾(位)に関する様々な誤解、例えば「鍛えることで変えられるのか(否か)?」も踏まえ、その奥底を覗いている者の立場から真実を述べてみます。

スポンサードリンク

DNAに刻まれる記憶

文化を知り・生活を知ることが中身を知る第一歩!

骨格の形態は生まれ持った先天的動作とそれが形づけられる生活環境に起因しており、仮に後天的に変えようとするならその特徴に関わる習慣を、日常と関連づけなくてはなりません!

それが「動作中、骨盤前傾(位)にする(できる)!」条件だと、TM鈴木はプロ・アスレチックトレーナーの立場から考えます。

物の拾い方ひとつさえ違うという現実

例えば何か地面におちたものを拾おうとするとき、あなたならどういう拾い方をしますか?

日本人の典型1

ビジネスシーンだと・・・

おそらくこんな感じで下に落ちているものを拾うのではないでしょうか?

ところが黒人(アフリカ系人種)はまったく違います!

骨盤前傾とは日常動作も含めてのもの

上の画像はモノを拾っているのではありませんが、動作目的はほぼ同じです。日本人とアフリカ系人種とのモノの拾い方の違い、わかりますでしょうか?

足首か?股関節か?柔軟性の違い

正式な!?う○こすわり

日本人は背中を丸めることができますが、(ビジネスシーンでの拾い方は例外として)黒人は背中を反らすことが得意です。

日本人は足首に柔軟性(底・背屈:つま先を自在に動かせる)があるため、和式トイレでのしゃがみ姿勢のように膝を曲げ、背中を丸めながら手を地面に近づけられます(う○こ座り)。

一方黒人の多く(もちろん例外もありますが・・・)は、膝をほぼ伸ばし腰を反らしたまま股関節を曲げて地面に手を近づけます。

特有のしゃがみ方!?

足首が硬く、だからしゃがみこめない黒人はハムストリング(腿裏筋)が良く伸び、代わりに股関節を十分に曲げることができるが故の動作なのです。

日本人は足関節をエンド・フィール(関節最終可動域)まで持ってこれますが、黒人は股関節でエンド・フィール(エンド・ポイントとも呼ぶ)を感じます。

前者はふくらはぎの筋肉や腰の柔軟性に優れ、後者はハムストリングやお尻の柔軟性に富むという機能的特徴があるわけです。

文化的・日常的背景を探究せよ!

そこにこそ意味がある!

日本人の得意な姿勢や動きと黒人のそれは端から違うわけで、そのことを理解せずして専門!?と謳われるトレーニングだけをしても、望むべき結果は得られないでしょう。

単なる“骨盤前傾のための”トレーニングには多くの価値を望めるべくもなく、我々日本人が実施すべきワークアウトは、本来なら黒人の文化的・日常的背景を知り得た上に積み上げていくべきものです。

これが十数年間「骨盤前傾」を取り巻く黒人(アスリート)や、日本人アスリートの状況を観てきてわかった結果です。

記憶の奥に刻まれた動き

雑巾がけの姿勢も日本人特有

骨盤前傾は日常動作から!

今ではまったく見かけなくなった雑巾掛けも日本人と黒人との間には大きな差が存在します。

黒人がもし専用道具なしで床を拭こうとすれば、ものを拾うのと同じように膝をほぼ伸ばし股関節のエン・フィールを伴って深く曲げながら、手を床に近づけて拭くはずです(上手く拭けるどうかはまた別の話)。

このように股関節を完全に曲げてハムストリングを伸ばす動作は、彼ら黒人のDNAに刻まれている記憶のひとつといってもいいでしょう。

黒人のこうした動きと比べ、そのDNAを持たない日本人が自然にそうした動きをできるまでにはどれほどの時間と質の高い考え方や行動が必要か・・・、賢明なあなたであればそのことに気づくはずです。

この事実を知っても尚、骨盤前傾と競技を結びつけ、パフォーマンスを高めたい!というチャレンジャーはこちらまでご連絡を!

注)料金等は個別対応とさせていただきます。初回のみ有料体験もございます。

“伸ばせる”筋肉の質

質の高い伸びのために・・・

日常生活でこうした動きを可能にする黒人の身体的特徴で、最も理解すべき要素のひとつがハムストリング(腿裏筋)の高いクオリティ(質)でしょう。

単に柔軟なのではなく、坐骨に近い筋腱移行部、通称:近位端がしっかり緩まりながら伸びる、それは日本人のストレッチ感覚にはない感性ともいえます。

彼らにはハムストリングは尻の近く(筋腱移行部)から伸びるものという感覚があるのでは?と思えてしまう程、その伸びの質感は同部位を “ぼやけた” 伸ばし方しかできない日本人と比べ、大きな差があるのです。

ハムストリング近位端がしっかり緩まり伸びるから骨盤は(地面の平行線に対して)前傾しやすいわけで、だからこそモノを拾うときでさえ日本人にはできない姿勢を維持できるのです。

黒人のように骨盤前傾を維持しながら体を動かしたいなら、まずはこの “曖昧な”伸びで全体にぼやけたハムストリングのストレッチ感覚を、座骨に近い筋腱移行部が明らかに伸びる!という状況に変えなくてはなりません。

筋腱移行部への明らかな伸びや適度な緩み感を引き出すセルフ・コンディショニング・ツールとして【ツブツブ】を開発し皆さんに提供しています
http://gold-m0821.com/mf1-tsubux2

文化的・日常生活状況を知りさらに一歩先に進もうとするならば、こうしたひとつ一つの課題をじっくり時間をかけてクリアする忍耐が望まれますd。

骨盤前傾はリズムをとる基本!?

ビートを刻むのと骨盤前傾には深いつながりが・・・

黒人には日常に “リズム” が存在している!アメリカで黒人(アスリート)に接している間にTM鈴木が気づいた感覚です。

彼らは日常のどんなときにもふとした拍子にリズムを刻み、あたかも個人・自らのアイデンティティを周りに示す手段であるかのように伝える能力を有しています。

ビート(打点)はみずから作り出すことも、耳に入ってくる音楽の中から識別することも可能で、いついかなる時であれ瞬時にリズムを刻めるのです。

黒人アスリートはなぜ踊れるのか?リズムを刻めるその理由~骨盤前傾位の操作イメージでおドレル体と運動性能を高める!~
我々日本人には黒人のように年がら年中踊るという意識はないようで、仮に踊るとしても恥ずかしくて非常にぎこちなく、ガクガク・ガチガチな動きになっ...

ビートの発生源は実は前傾している骨盤ではないか?と仮説を立て、みずから様々な骨盤前傾(位)での実践を経験することで、音の中にあるビートを抽出できる耳ができ始める頃には動きの中で前傾位を意識でき、さらにそれに合わせてリズムを刻めるようになっていました。

ビートはダンスの一部ですがそれは踊れる!のとは違い、リズムを刻めるというだけです。しかしスポーツをする上では、というか思い通りの動きをするためには、骨盤前傾の動きでこのビートを刻む能力がかなり重要です。

黒人(アスリート)のノリのあるリズムと運動能力は繋がっている!そうした文化的背景にも目を向け実践することではじめて、骨盤前傾と深いところで繋がると考えています。

ローマは一日にして成らず

その能力の源は・・・

体は正直なもので、できないことは「ノー!」とはっきり応えその動きや姿勢にいきつくことはなく、無理をしたとしてもそれが意識せずともできるレベル(自動化)に達することもなく、すぐに元の慣れた状況に戻ります。

他方、TM鈴木が考案した【機能的】骨盤前傾位(FAPTA)は日本人であっても骨盤前傾に伴う脊柱や股関節の変化を感じとれ、動作中にその機能を維持できる身体操作法です。

骨盤前傾での歩行感覚

【機能的】骨盤前傾位(FAPTA)でのアドバンテージは、様々な動作や姿勢に優位に働くことが知られていますが、歩行についてはどうでしょう。

足を前に踏み出す際は股関節より上の骨盤(腸骨)そのものと脚を一体化させる、いわゆる「ヘソから下が脚の感覚」が強まり、腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)の働きが顕著になります。

骨盤前傾により股関節伸展位でのエンド・フィール(最終可動域)が拡大し、膝完全伸展(しっかり伸ばすこと)で、足裏を地面に長く押し続けられるようになります。

つまり一歩ごとに後方足が僅かにそこに残りやすくなり(コンマゼロ数秒程度)、それだけ足裏の地面への接地時間が長くなるというわけです。

足裏で地面を長く押し続けられると片脚立ち(脚立脚期)も安定し、振り出す足に勢いがつき歩幅がさらに広がるという好循環がもたらされます。

足裏で長く地面を押し続けられる分、結果的に歩幅は広がり消費カロリーは飛躍的に高まるため、運動効果という点でも良い結果を生み出します。

*注)「足裏で地面を長く押し続けられる」ことはもしかしたら、骨盤前傾位を手に入れられた足首の軟らかい日本人特有の動作かもしれません。

骨盤前傾トレーニングの誤解

骨盤前傾のためのトレーニングと称して腸腰筋強化やハムストリングの柔軟性を高めることは、ある意味正攻法とも言えますが、それだけでは様々な動作の中で骨盤前傾(位)を維持することはできません。

骨盤前傾を考えるならまずはハムストリングの緊張(筋長)を緩められること、それを目的とするワークアウトはまず該当する筋へ、《緩める・伸ばす》といった要素を加えることが優先されます。

ハムストリングとの拮抗(互いに作用しあうの意)関係にあるのが大腰筋、ということはハムストリングを《伸ばす・緩める》なら大腰筋も同様の働きが必要になるのです。

一部マスコミ等による「レッグレイズが骨盤を前傾させるトレーニング」というのは全くの誤解であり、まず「脚上げ腹筋」と表現している時点でその話は信頼性がありません。

前傾に関わるこうした理論や方法の誤解をひとつひとつ明らかにしていくことでしか、TM鈴木が提唱する【機能的】骨盤前傾位(FAPTA)の考え方を正確に広める方法はありません。

仕組みの変革は普段から「骨盤前傾を意識する」ことで身に付くものではなく、日常のふとしたポーズや動きでなんの労力もなく自然にそれができている!というレベルこそが、本当のスタートなのです!(^^)!

まとめ:

単なるトレーニングだけでは意味がない!

誰も実践していない(できない)考え方故、骨盤前傾になるための方法(論)や学術的思考には多くの誤解が生じています。

同一動作でもDNAに記憶された仕組みや動きは人種間で異なることが明らかで、単なる反復トレーニングは例え一時的には効果的であっても、目標は成しえないでしょう。

その人達(黒人)の文化的・環境的習慣にまで入り込んで初めて成し得るもので、「これが良い!」と言われるトレーニングをしたからといって実践で “使える” 骨盤前傾位を身につけられることはあり得ません。

簡単には身に付かない!多くの時間と労力を費やす覚悟があり、人種の背景まで探る等、着実な知識の積み上げと失敗も含む様々な実践が目標に近づく唯一の方法なのです。

TM鈴木

TM鈴木が【機能的】骨盤前傾位に出会うまで

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク