自分に合った体幹トレーニングって!?

シェアする

体幹トレーニングとかコアトレとか言われる運動方法、様々なメディアで取り上げられ色々な本もたくさん出版されています。
しかしどれも似たり寄ったりの内容(クライアント曰く)しかも分かりづらいとの声をよく聞きます。
そしてどんなやり方を選べばいいのか?
やろうとしてもやり方がよくわからず、しかも意外に苦しくて面倒くさくなって結局挫折・・・、という結果に。
残念ながらそういったことはよくあることです。やはり雑誌や本にかいてあることをそのままやっても身に付かないし継続は難しいでしょう。
大切なことはクライアント自身に合ったプログラム作成です。例えばそのレベルに達していないのに、前提条件としてより簡単で楽にできるプログラムが必要なのに、いきなり本や雑誌に載ってるトレーニングをしても継続できるわけありません。
雑誌や本に載ってる体幹トレーニング法はそのほとんどがほぼ完成形です。体力レベルが高い人でもそのポーズや姿勢を正確にとることは意外に難しいでしょう。
もし体幹トレーニングを本格的に習得しようとするなら多少お金はかかっても、やはり専門家に教わるほうが得策です。現在の自分の体力レベルを的確に把握してもらって必要なメニューを組んでもらったほうがちょっときつくても楽しく充実した状態で継続可能だと思います。
私、TM鈴木は体幹トレーニングに関してはこう考えます!
なにも決まりきったポーズや姿勢、本に載っているようなお決まりの種目だけが体幹トレーニング・コアトレではないと!
ある専門家は直径15cm長さ1m程の専用器具を使ってコアトレと称して指導をしています。それが悪いことだとは思いませんが、体幹の機能を高めるという意味で体幹トレーニングと謳っているのなら、それこそ様々な体幹を刺激する方法があるのです。
日常の動作で体幹がいかに使われやすくなるか!
例えば車のハンドルをきるときにもコアの動く感覚があるとスムースに回せるし、歩くときに体幹の動きが伴うことで歩幅の広がったダイナミックな歩行パターンが可能です。
我々はとかく公にされた情報は正しいと思いがちですが、正解か否かはあなた自身に合う方法かどうかという視点で判断することが大切ではないでしょうか。
そして日常動作とその応用だけも十分体幹機能を高めることができると知るべきです!
TM鈴木

スポンサードリンク