人々に感動を与えるSASUKE! TM鈴木はここに注目!

シェアする

(日)のSASUKE on TBS 相変わらずストーリー性が高く最後には素晴らしい感動を与えてくれます。
参加者ひとりひとりの人生を描いており視聴者はその物語を脳裏に焼き付けながら応援を続けていたと思います。
そんな素晴らしい番組を制作してる人たちにももちろん感謝しながらみていました。
ところで私、アスレチックトレーナー(米国)TM鈴木にはちょっと気になったことが・・・。
それは参加者の中でも本気でファイナルステージ進出し完全制覇を目論む選手(あえて選手と呼ばせていただきます)や、少なくとも本気で各ステージを突破しようとする人たちのトレーニング計画です。
もちろん知識を持った人たちや経験則で様々な鍛え方をして自分を高めている参加者ですから、それなりの結果を残している人がいるのですが、専門家(!?)からみるとまだまだ物足りない部分がありました。
実はこのSASUKEのセット(各障害)には筋力や筋持久力だけでなくパワー(筋力Xスピード)、持久力、柔軟性、機動性、SAQ(スピード・アジリティ・クイックネスの略)、また運(Luck)も含め、総合的な運動能力が必要です。しかもその能力にそれぞれロー・ミドル・ハイパワーの力発揮を柔軟に使い分けなければなりません。
そのどれかでも欠けていると完全制覇するのは難しい。つまりトータルで平均以上の運動能力が必要でその為のトレーニング計画に沿った形で身体を作っていかないとほとんど失敗します。
この場合のトレーニング計画とはSASUKEと同じセット(各障害)を作ってそれを克服することではありません。もちろん同じセットで練習することは技術習得の面からもとても大切です。
問題はそのセット、例えば反り立つ壁はどんな身体機能、筋出力発揮が必要なのかを考えた上でその機能を高める訓練をすることなのです!
参加者の皆さんは多くの貴重な時間を費やしお金をかけて同様のセットを作り日々努力されてきたと思います。『あとちょっとで・・・、あとひと息で・・・』という場面も何度も見かけてきました。
最後の最後に必要なのはもちろん強いハート(精神麺)でしょう。でもいかに準備を怠らずに日々節制し努力してきたかという面に、あとひとつ計画的な身体づくりを加えてみてはいかがでしょう!
『彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず』孫子の兵法ですね。
SASUKEを知り、己(の身体状況)を知っていれば完全制覇の確立はグッと高まるはずです!
尚、当ブログ内容の詳細については近日さらなる詳細を掲載予定です。
TM鈴木

スポンサードリンク