重心がうしろっ!

シェアする

私、TM鈴木には気になることがあります!
普段歩いている・立っている場合、多くの人達は重心(じゅうしん)が後ろ、つまり踵(かかと)側に体重がかかっているのです。
後方重心(こうほうじゅうしん:身体を横からみて踵付近に体重がかかる)の場合、身体にとってマイナスとなる要因が多く見受けられます。
1)お尻が下がる
2)背筋がのびない(円背:えんぱい といって背中がまるまる)
3)下っ腹に脂肪がつきやすい
4)お尻や太ももがボテッとする
5)腰の違和感(腰痛)、肩こり、背中のコリ・張り
6)体重が増えやすい
等々。
踵重心(かかとじゅうしん)になるということは姿勢が変化するということであり、そうなると身体の機能も当然変化します。
中には姿勢をよく!?(よい・わるいと区別をすること自体どうかとおもうけど・・・)しようとして最も根本の骨盤の傾斜角が後傾*1し、お尻まわりが上がってない状態で胸を張ろうとするものだからとてもとんちんかんな姿勢になっている人を見かけます。
*1骨盤の後傾:横からみてベルトのラインが前後ほぼ水平になっている。通常は前側に向かって下がって
やや下り坂(骨盤前傾)がいいとされる
姿勢をよく!?するためには胸を張るのではなく、骨盤の傾斜角をやや前傾1)にする!
これだけで実は(姿勢をよくする!?という言葉が仮に正しいとして)後方重心に伴って変化する1)~6)の姿勢変化が改善していきます。
胸を張るというのは骨盤の傾斜角が前傾になった結果おこるものだという理解が必要ですね。
後方重心(踵に体重がかかる)がよくないから前方重心(足先に体重がかかる)がよいかというとそうではありません。いいかわるいか(どんな要素で判断するのか・・・)という区別ではなく、姿勢に対する変化という点では前後関係でいうと足裏の真ん中より少し前方、拇指球付近が最もよい位置だとされています。
そしてその位置は意識してそこに移動するのではなく、骨盤をいつもよりやや前傾にさせた結果(身体の中心から意図的に変化させた結果)、足裏と地面で最も体重がかかる接点が自然と拇指球付近になるというのが理想です。
ちなみに骨盤前傾の結果その接点(仮に拇指球重心と呼ぶ)は横関係でいえば拇指球のやや内側にきます。
こうして骨盤の傾斜角を変化(前傾)させることで“結果として”姿勢全体が変わってくる。踵(後方)重心だった地面との接点がやや前方重心(拇指球荷重)となり、例えば歩く動作、立っている状態ひとつにしても運動の効果が驚くほど向上します。
『姿勢をよくしましょう!』という意識はあればあったで大切な要素です!が、それだけで変わってくる程身体の機能って簡単なものではありません。
歳を重ねると人間の重心は自然と後方になりそれにともない身体の様々な機能がその変化に対応し動きの安定化をはかります。
あなたが運動の効果を最大限に得たい場合、やや前方/拇指球重心にするために骨盤の傾斜角に目を向けてみてはいかがでしょうか。
それに拇指球荷重の際の不安定さ(最初だけ)は運動の効果をよりアップさせる効果もあるのでダイエット・シェイプアップには絶対に欠かせない要素なんですね。
TM鈴木

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク