あなたの骨盤の調子はいかがですか?

シェアする

ダイエットやシェイプアップには様々な方法が存在しています。
一見関係のないことなのに・・・、でも結果として体重が減った、身体にメリハリがついた!という方法も実はあるのです。
今回は骨盤に関する話です。骨盤は3つの骨から形成されています。左右に1個づつある腸骨と真ん中にある逆三角形の仙骨です。この仙骨と腸骨の間にある関節を仙腸関節といい、しばしば腰痛の原因として取り上げられています。
仙腸関節にはロッキング現象といって(仙骨と腸骨の)関節面がカチッとはまりすぎて動かない(滑らない:通常は2~3mm程度動く)状態になることがあり、逆にロッキングした関節面を緩めることで腰の痛みなどが改善することがあるのです。
実際、この仙腸関節のロッキングを改善すると痛みが解消するという治療法もあり、仙腸関節の機能を改善できるかが腰痛を予防するポイントのひとつとなっています。
現在までは治療法として専門家の間だけで実施されていたこの仙腸関節の施術ですが、今後はあなた自身で行える可能性がでてきています。
仙腸関節の正確な位置を知ってそこをこうこう、このように・・・云々という難しいやり方ではありません。ある道具を使うことでその関節が広がる感覚を体感でき、そして腰の重だるさや痛みが改善する方法として確立しつつあります。
仙腸関節の周辺は股関節や臀筋群(お尻の筋肉)など体重を支えたり、身体を動かす動力源となる重要な筋肉や関節などで構成されています。
背中を含めお尻や腰周辺は日常生活の中であなたの重さを頑張って支えているいわば最も重要な骨格なので働きすぎて疲労している場合が少なくありません。コリや張りの原因となる個所もこのあたりに集中しています。そう!このあたりのコリや張りを解消し疲れを解いてあげると身体の動きが見違えるほど違ってくるわけですね。
さしあたり家にありそうなもので使えるものを探してみましょう!
例えば台所にあるラップ、残ったおかずやご飯に被せて冷蔵庫へ!なんてときに使うあのラップです。芯だけではなくできれば丸ごと新品状態で使えるといいかもしれません。
そのラップを床に、身体に対して横に置いて仰向けになります。お尻や背中や骨盤まわりにあてがってゴロゴロするだけで特定の場所に圧がかかって気持ちいいものですよ!
痛い感ががあればタオルなどを巻いてさらにラップでくるむことでちょうど良い硬さになります。
体重を落としたり身体にメリハリをつける方法はたくさんありますが、人間の土台となる骨格、そして筋肉や骨との関係を改善することで効率的な動きの改善につなげる!こういう方法があなたの目標を達成するのに意外と重要であるってこと。
あなたに是非知っていただきたいことでした。
続きは後日!
TM鈴木

スポンサードリンク