私、TM鈴木的な発想で考える運動能力とは?

シェアする

私、TM鈴木は考えます!
運動能力とか身体能力とはいったい何のことなのか?、と。
とあるスポーツの解説者諸氏が口々に発する『・・・の選手は身体能力が・・・』、この場合の身体能力とはどういうことなのかなぁ、とふと思いました。
考えてみれば運動(身体)能力っていう言葉は実に曖昧な言葉で、でもメディアではけっこう頻繁に使われていて僕ら視聴者(読者)も『ふ~ん、あの人たちは・・・よりも運動(身体)能力がたかいのか・・・』などとなんとなく納得してるような感じがあります。
研究者とか学者じゃないので運動(身体)能力の概念を述べるつもりはありません。ただ私、TM鈴木が日頃経験していることと関連づけてみるとなんとなくこの『運動(身体)能力』という言葉の落としどころがあるかなと思って。。。
クライアント(仮に「ゴルフおじさん」とよぶことにしましょう)にある道具を用いてストレッチングをしていただいた時のことです。仙腸関節という骨盤にある関節を緩めることをしてもらってるとき、そのゴルフおじさん『お腹(下っ腹)の奥の方に力を入れると骨盤の奥のほうに響くよ!』と言ってきたのでした。
この骨盤の関節に響かせる、骨盤の奥のほうに『ぐわ~ん』とくる感覚、通常ほとんどのケースで施術者によって行われるものであり、クライアント本人でこの『ぐわ~ん』とくる感覚を体感することはまずありえません。
自分で仙腸関節という場所のロッキング(固まる状態)を解除し、且つ緩め、「ぐわ~ん」と響かせることができる条件というのがあります。
1.専用のコンディショニング道具を使用する
2.ある特定の部位(ぐわ~んと響くところ)にその道具を置く
3.骨盤を適度に前傾した状態でお腹の奥に適度な力を入れることができる
すべて大切なのですが 3 は仙腸関節への刺激と運動能力を見る判断材料として特に重要だと思っています。
実はこのおじさんの感覚『自分で下っ腹の奥のほうに少し力を入れると骨盤の関節がぐわ~んとくるんだよ!』というのがTM鈴木の考える運動能力の基準のひとつではないかと思います。
運動能力を測定するテストは文科省の新体力テストを筆頭に各競技能力を測定する指標も含め様々なものが存在します。
これらは客観的な数値をその判断基準とするわけで相対評価(他人との比較)が容易にできその能力をたかめることで例えば各競技能力特性がある程度わかります。
ですが運動能力とはそんなに単純に推し量れるものではありません。数値が絶対ではないのです。
今回のようなケースで身体の奥深くにある深層筋群や他の組織の動きを感知できるということは多くの人が経験できるものではありません。
なぜなら我々は普段表面にある筋肉を使うことは簡単にできるのですが(表面にあるから動きがわかる)、深層筋群の動きは見ることができず普通の人は使うことすらできません。
そして奥にある大腰筋や腹横筋を使うためには骨盤を前傾しながら腹直筋(鍛えると6個に割れる筋肉)を適度に伸ばした状態を維持しなければなりません。
腹直筋は鍛えれば鍛える程縮めることが得意になります。適度に伸ばした状態で力を発揮するには他の部位とうまいこと協調し合わなければなりません。だから腹筋を鍛えると6つに割れた彫刻のような筋肉にはなるのですが、その奥にある深層筋群を使うことがとっても難しくなってしまいます。
このゴルフおじさんは骨盤を前傾にしたまま腹筋を適度に伸ばした状態に保つことで深層筋群を働かせる(力を発揮する)ことができる、とっても稀な人なのです。
そこでTM鈴木は考えました。
運動能力とは実際のデータでは測れない(実際のデータはとっても大切な要素ですが、それだけじゃない)部分、例えば身体の奥の筋肉が使われてる感覚をいかに気づけるかなのでは!?と。
お腹の奥にある筋肉が動く感覚はとっても不思議です。
歩くときや走るとき、全ての動作で骨盤が一番先に動くような感覚です そしてその直後に股関節ー太腿ーふくらはぎー足という順番で動いていく感じ。
これはいってみればムチのようなしなる動作というのかなぁ・・・
なんとなくワクワク感大ありの感覚なんですよね。
でも、なぜそんな話ができるかって。
それはTM鈴木がゴルフおじさんにその感覚をおしえたから^^
お後がよろしいようで。
TM鈴木

スポンサードリンク