腿裏が伸びると動きが軽快に!

シェアする

腿裏(ハムストリング)のストレッチは辛いし苦しいから(硬い人にとっては特に!そうでない人もそれなりに!)敬遠しがちです。
あの片脚ずつ膝を真っ直ぐ伸ばす動作が・・・(汗)。
この動作が苦手なクライアントはたくさんいらっしゃいます。
しかし考えようによっては腿裏の筋肉をうま~く伸ばせる(緩められる)と見た目にも、そして動作的にも劇的な違いがでてきます。
その効果、いくつかありますが・・・、まずは
1.骨盤が前方に傾き(いわゆる前傾)やすくなる
この違いが決定的な運動能力の差を生みます!
そして見た目にも お尻は下がっているより上がっていたほうが見栄えがいいしね。
腿裏(ハムストリング)が伸びやすくなると、骨盤が前方に傾きやすくなり、結果お尻や背中の筋肉が適度に緊張(ちょっと引っ張られた)した状態になります。
またお腹側の筋肉も(背中側に緊張した状態に合わせて)同じようにちょっと緊張します。
2深部筋群の活性化
特にお腹の深部に位置する大腰筋・腸骨筋などの【腸腰筋】はこの骨盤の動きで一気にその働きが活性化し、しっかりと使われるようになるのです。
ちなみにこの筋肉、とってもシャイで普段は表にでることはまずありません。表にでない(腹筋と違って表面から観てもわからない!)から使われているのかどうかもわからない(悲・・・)。
これで前後左右や様々な移動、しかも素早く力強く移動することが結構楽にできるようになります。
つまり身体を自分の意のままにコントロールしやすくなるというわけです。
これは骨盤の前傾によって、からだの中心にある重心(移動や運動に必要不可欠なポイント)がすこし前方に移ったからです。
3.見栄えのよくなったスタイル
腿裏が伸びることで骨盤が前に傾き背骨の“S”字カーブがしっかり描かれます。「生理的カーブ」とも呼ばれ特に椎間板という脊椎(せきつい)間のクッション性が拡大し脊柱がよく動くようになります!
身体が上に伸びる!?ような感覚になり、首も伸びる感じがして、目線も上がります。全体的にみたら背が高くなっている感じです。身長を計るときになんとか1cmでもと頑張って上に伸びようとする感じとでもいうのでしょうかね。
そんな身体の変化は外からみても一目瞭然です。縦に、特にギューッと上の方に伸びた感じになり全体的に細くなったイメージを想像するといいでしょう。
腿裏を伸ばすだけで、ただちょっとだけその伸びる痛みを辛抱するだけで見た目に違いがありありとでてくるのです。
チャレンジしない手はないでしょう(^^)
伸びるところがしっかり伸びると今まで難しかった動作が比較的楽にできるようになる、そして見た目のスタイルという点でも良い変化が出る!というのはこういった理由があるわけですね。
運動の効果を最大限に高めるため、是非一度熟考してみてはいかがでしょう。
TM鈴木

スポンサードリンク