背骨のクッションが大事~動ける身体づくりの秘密~

シェアする

身体のなかにはたくさんの知らないことがあります。
そういった知らないことをあなたなりに理解していくことで身体への理解が深まり、あなたが設定したゴールに到達する近道となります。
今回は背骨の間、椎間の圧力について。
背骨と背骨の間には椎間板と言われる背骨のクッションが存在しています。椎間板は加齢や老化によってそのクッション性能が徐々に失われていきます。
椎間板の能力低下はさらに姿勢によって変化していきます。姿勢、特に骨盤後傾になればなるほど椎間板にかかる圧力は高まります(せぼねちゃん頑張って働いてます)。
頭の重さ(体重の7~10%)と地球上に存在する重力のため、上から真下に押し付けるような力が背骨の間には働いているのです
椎間板の圧力が高まるとケガのリスクが高まります腰や背中を痛めたり、一見関係のない股関節や膝までも・・・。なにより自分の思い通りに身体が動かなくなってきます。
身体の健康を考えるなら、そしてダイエットやシェイプアップを成功させるためには、この椎間圧力が高まらないように姿勢の変化をつけてあげるといいでしょう。
かっちお勧めの姿勢、それが理想の姿勢です。骨盤を前傾(気味)にすることで背骨に理想的なカーブが育まれます。
ほら!背骨にちゃんときれいなカーブができてるでしょ。この背骨のカーブができるようにするからだの大元の部分が骨盤を前側に傾ける(前傾)こと。
でも骨組みを変えてあげるには周りの筋肉のサポートがとっても重要になります。骨盤の傾斜と背骨のカーブをつくるのと、そしてお腹まわりや背中とお尻といった筋肉、こういう身体の機能すべてがうまく働くことで理想の姿勢ができあがります。
さあ、思い通りに動くからだにして運動の効果を劇的にたかめちゃいましょう。
TM鈴木

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク