ゴルフ スイング時のからだの上手な使い方 その1

シェアする

実は旧友が女子プロでツアー優勝を遂げたこともあるMさん。彼女の台頭を機に今では多くの若いゴルファーたちも活躍し特に女子ゴルフ界は活況を呈しています。
今回はゴルフスウィングについて私見を述べてみます。
ゴルフというスポーツはその動作自体が非常に腰付近に負担のかかるスポーツです。そのわけは・・・
1)スイングをする、そしてその回数が(練習も含め)非常に多い
2)腰(正確にいえば腰と股関節だが・・・)を折り曲げてスイングする
横からみると身体を折り曲げてスウィングしています。
バッティングやテニスのフォアハンドストロークのようにからだの上下動を伴いながらほぼ真横に振る動作と違い、背中の筋肉でその曲がりを維持しながら強いスイングをしなければなりません。
例えていえばクレーンのケーブル(背中・臀部の筋肉)をピーンと引っ張ってからだの曲がりを維持しながら強烈な横回転をかけている感じです。
抗重力筋である脊柱起立筋や大臀筋、そしてハムストリング(腿裏の筋肉)で身体の曲がりを抑えながら捻じる動作が同時に入るわけです。
実はこの時、筋肉が伸ばされた状態で力を発揮する遠心性収縮が2回連続して起こっています。
アドレス時の腰を折った“く”の字異性と、その腰を回旋(回転)させる姿勢でうす。
しかもそのスイングが練習も含め半端ない回数になります
さらに一定方向(右側に捻じって左方向へその捻じりをリリースするのみ)の動作ということも身体的な負担を強いる原因となります(もっともスイング系動作はほぼすべてが一定方向になりますが・・・)。
プロゴルファーに腰痛を抱えながらツアーをまわっている人が多いのもうなづけます。アマチュアでも腰痛を抱えながらゴルフをしている人も大勢います(こちらは原因が運動不足にある人がほとんどなのですが・・・)。
そしてスイングの良しあしにより結果が大きく変わります。スイングメカニクス(フォーム)はゴルフというスポーツでは絶対的な要因となる証拠でしょう。
なので如何にスイングを安定させ乱れをなくすようにするかが大切なんですね。
理想的なスイング(ほぼ=効率的な身体の動き)とはクラブヘッドが体幹部の回転より遅れてボールに当たる(ダイレクトヒットする)ことです。たとえばムチの動作のように手元を動かしたら時間差でムチの先端部が動くこと。こうなると“バチッ”と鋭い音と衝撃が対象物に伝わるります。
今日はここまでといたしましょう!
次回はどうしたらムチの動きになるのかについて紐解きます。
TM鈴木

スポンサードリンク