★30秒!骨盤前傾★チャレンジ in 変わり四股(しこ)

シェアする

『いつでもどこでも!日常の動きにFAPTA【機能的】骨盤前傾位をとり入れよう!』

私・TM鈴木がおすすめする「★30秒!骨盤前傾★チャレンジ」の基本的なアイディアです。

当ブログでは毎回やってみると意外と体を使える各チャレンジのやり方や、“効く”ポイントを紹介していきます。

その名の通り30秒間骨盤を機能的に前傾させるFAPTAを維持しながら、ちょっとした動きでカラダ感覚を高め毎日を充実させましょう!

今回は「変わり四股(しこ)」にチャレンジ!お相撲さんがする四股とどう違うのかも確認してみると面白いですよ!(^^)!

スポンサードリンク

直前のFAPTAで骨盤の感度アップ

体重移動の原点は重心始動のイメージ!

「★30秒!骨盤前傾★チャレンジ」の肝(きも)は、チャレンジ直前にFAPTA(【機能的】骨盤前傾位)をして骨盤傾斜の感度を高めておくことです。

チャレンジ(FAPTA後に30秒どういう動くか?)の選択はあなた次第!FAPTAで骨盤の前傾を維持していれば基本的には日常動作でも運動でもなんでもOKです。

変わり四股(しこ)

チャレンジ直前に必ずFAPTAをして骨盤の感度を最大限に高めます!

くどいようですがこれは絶対!

できなくてもFAPTAに限りなく近づけることがチャレンジの条件です!継続していれば骨盤の傾き感覚をしっかりとイメージできるようになります。

では本日のチャレンジ「変わり四股」を実践!

FAPTA:骨盤を一度後傾させてから直後にFAPTAへ!

②両脚を大きく開き腰を目一杯下げる(FAPTAが維持できればおヘソ奥にある重心と、上半身が股関節に “のる” 感覚を掴める)

③両腕を真っ直ぐ天井にあげ、手を組んで耳の後ろで肘を絞る(スイミングの蹴伸びみたい)

②’FAPTA(機能的骨盤前傾位)をしっかり維持できているか再確認

④右足を体の真横に引き上げる(お相撲さんの四股はあげやすい斜め前方向へ脚を挙げるけど、チャレンジはあくまで真横引き上げる!)

⑤あげられる位置まで引き上げたら1秒程維持し、直後に足を地面に向かって一気に振りおろす!(足裏全体で地面をガツンと叩く感じ)

⑥振り下ろした直後に一度腰をグッと下げ(おヘソ奥の重心をグッと下げるイメージ)ながら、空をしっかりと見上げる(←このフィニッシュ大事)

⑦あとは②③②’④⑤⑥の動きを逆脚でも繰り返す+左右数回

注)バランスが崩れるのは全く問題なし!むしろ如何に崩れたバランスを素早く戻せるかにフォーカスすべし

フォーカスするのは○○

チャレンジする動きやポーズはなんでもかまいません!

重要なのは如何にFAPTA機能的骨盤前傾位を維持してその動き/ポーズをするかです。

だから歩いたり、子供と遊んだり、座ったり、腰を屈めたり等、色々な日常の動きでパッとやってもらうのが良いでしょう。

骨盤が前傾する感じとつられて股関節・脊柱・胸郭・肩甲骨等の他の部分の位置間隔が敏感になると、動きがとても洗練されてきてそれ自体が楽しくなってきます。

骨盤感覚を高めることでTM鈴木がおすすめする【運動知脳アスレチック・インテリジェンスAI)が発達し、「走る・跳ぶ・投げる・打つ・泳ぐ・漕ぐ」といった基本の動きが良くなって、各スポーツの必須動作が劇的に身に付きやすくなるのです!

骨盤前傾をビジネスにされている方は日本に多少いるけど、こうした【運動知能】AIの発達を促すFAPTA機能的骨盤前傾位はそうした手法や考え方とは全く違います。

しっかり身に付けようとすれば時間がかかりますが、歯を磨くのと同じように毎日試してみる新鮮さと楽しさは何事にも変え難く、動きの変化を実感できるから試す価値は大いにありますよ!(^^)!

動きが変わる発見に魅了

「★30秒!骨盤前傾★チャレンジ」の最も大きな心理的効果は、日常やスポーツでの動きが変わってくる過程を心と体両面で楽しめるということです。

例えば「変わり四股」、下腹部奥にある重心をグッと引き下げ、同時に左右股関節の間に上半身を入れ込むというのは、FAPTAをしていなければ掴めない感覚なのです。

スイング系・投球・走り・フェイント動作等での重心移動(前後左右斜め)で、体の中心(重心)の位置感覚が高まりそこから動き始めるという感覚が生まれるからこそ動作感覚を脳でダイレクトにイメージできるのです。

ゴルフ・野球・サッカー・バスケ・スイミング等、スポーツではコア(体幹)に位置する重心を如何に明確にイメージし、腕や足より先に動かせるかという思考と動作が重要です。

骨盤のみをただ前傾させるのではなく、FAPTAをイメージし骨盤と隣り合う部位の感度も高めて全身が連鎖し反応する動き創りが競技スポーツでの能力発揮を劇的に高める秘訣です。

あなたの日常やスポーツに関する結果も大きく変わる可能性がある「★30秒!骨盤前傾★チャレンジ」、是非!トライしてみてはいかがでしょう!(^^)!

まとめ:

【運動知脳】AIを発達させると面白いことが起こる!

「★30秒!骨盤前傾★チャレンジ」の様々な動き・ポーズを提案しながら、その動作目的と効果について紹介します。

今回は「変わり四股(しこ)」、FAPTAで重心をなるべく低くして股割りしながら両股関節間に上半身をのせる感覚を掴みます。

動く感覚を鋭くする!には骨盤を機能的に働かせる(前傾位させる)FAPTAがとても役立ちます!

今まで誰もやっていないこうしたアクティビティを通じ、あなたの動作感覚をより一層高めてみると面白いことが起こるはずです!(^^)!

TM鈴木

スポンサードリンク